マサバ

Saba1_20200117162701
例の碧南の魚屋さんに寄ったところ、見るからにきれいなマサバが2尾750円で売られていました。やや丸みが足りないと思いましたが、今の時期なら大きな外れはないでしょう。調理に迷ったのですが、1尾の半身をしめ鯖に残り半分を軽く塩をして、翌日の鯖鍋に。
Saba2_20200117163001
しめ鯖はこれで半分、残りは翌日に回せば酢も良く回っているはずです。

1尾は骨をきれいに抜いて、孫たちのおかずに干物にしました。

また頭や骨などのアラは、良く干してから焼いて鍋のダシにします。きょうは女房が仕事で遅くなるので、私が作っています。なにしろ仕事をリタイアしたので、我が家の稼ぎ頭は女房ですからね、ゴマをすっておかなければいけません。

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

マアジ

碧南の魚屋さんに大きなマアジが安く出ていたので買ってきました。
Aji1_20200114132901
なんと3尾で500円、しかも刺身用と書いてありますが、刺身にする勇気はありません。またどこの産地か聞く勇気もありません・・・・・それほど馴染みでもありませんし、ちょっと怖い雰囲気がある魚屋さんですから。

三枚におろしてアジフライにしようかと思ったのですが、結局3尾とも開いて干物にしてみました。
Aji2_20200114133201

干物にして3時間ほどのものを焼いてみましたが脂がのって美味しかったです。

最近時々、日中この魚屋さんを覗いてみますが面白いものが出ていることがあります。

 

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

『テキサス・レンジャーズ』

ネットフリックスの映画『テキサスレンジャーズ』をごろ寝しながら見てみました。
『俺たちに明日はない』のボニー&クライドをやっつけちゃった、テキサスレンジャースの二人のお話
主演はケビン・コスナー脇に脇役得意なウディ・ハレルソン

多少脚色はあるでしょうが、史実に基づく映画ですから重いと言えば重い。最後は蜂の巣だからね。
しかし、判官贔屓とは言えアメリカ人のボニー&クライド贔屓には驚きですね。
ボニーの葬儀には20,000人、クライドの葬儀に15,000人が参列したと言います。
ただの連続殺人者ですからね。

アメリカ人の狂気ここにありって感じです。

映画は面白かったです。

 

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

ジョウビタキ

先日ペットのネコが野鳥を捕ってきたとお知らせし、もしかしたらソウシチョウかもしれないと書きましたが、
Cat

昨日そのネコの飼い主とお話をしていたら、ジョウビタキの雄が直ぐ近くに留まりましてね。その方が、「前にネコが捕ってきた鳥だ」と教えてくれました。
Joubitaki1
それがこのジョウビタキの雄。冬鳥で、とてもきれいな小鳥です。町場のお宅や公園でも見かけますので、ご存知の方も多いと思います。アップにしてみましょうか。
Joubitaki2 そういえば、ネコが加えている写真と同じですね。

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

歯科検診

昨日は孫のみちたんの歯科検診に付き合いました。

以前永久歯が生えてきた門歯を日本抜かれたので「きょうは診るだけだよね」と何度も聞いてきます。待合室に入ると、同じくらいの男の子が二人呼び出されてもいないのに大泣き、その子たち二人が診療室に入っても大泣きで、みちたんすっかりビビってしまったようです。診療室には付き添いなしで一人で入るのですが、心細そうに「付いてきて欲しい」と言うのです。しかし、甘やかしてはいけません。

しばらくすると保護者である私が呼び出され、行ってみると「虫歯が出来ているから、今から治療しますか?」とのこと、今回だけで治療は終わると言いますし、早いほうが良いとも思いやって貰うことにしました。かなり泣きましたがね。言い聞かせました。

今の治療は進んでいますし、保護者への説明もしっかりしてくれます。悪い歯以外の歯や下に器具が当たらないように、ゴムなのかシリコンなのか全てカバーをしてしまうんですね。こちらの準備の方が時間がかかりそうです。

20分位して無事終了、泣いていましたが大暴れはしなかったとのこと。元々大人しい子ですからね。
Michi1_20200111165101
歯科医を出るときに記念のVサイン。

その後、そこの近所の公園で遊びたいというので、30分ほど遊ばせました。
ドングリを拾っている親子や、婆子がいましたので、密閉袋を配ってみんなで拾い集めました。
Michi2_20200111165501

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

ドッキリ写真

Ankimo
年末、ある魚屋さんにフグの解体したものが売られていました。シロサバフグだと言うことです、ですから安くて300円。でもこの写真、肝が写っていると思いませんか?実はこの肝はお隣で売っていた、あん肝です。つまり我が家で合体したやらせ写真です。この時のあん肝はフグと一緒に鍋にしちゃいました。

しかし、何の説明もなしに写真を見せられれば驚くでしょうね。

場合によっては、新聞テレビが飛んで来ちゃいます。

紛らわしいことはしない方が良いですね。

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

ミミイカの刺身

先日テレビを見ていたら、ミミイカの刺身なるものが出てきてビックリしました。

ミミイカは私のブログでは良く出てくる、ミッキーマウスのようなイカの仲間・・・ダンゴイカの仲間だと言いますが、確かに団子のようなイカです。

昨日、一色の初市だったんですがあまりたいしたものはなく、帰ろうかと思ったら生きているミミイカが出ていたので、思わず刺身にしてみようかと買ってしまいました。
Mimiika1
通常ここで出ているミミイカはあまりコンディションが良くなく、泥にまみれていたり砂が入っていたりでとても刺身にしようと思うものはありませんが、今回のものはとてもきれいで氷の上で生きていました。

内臓を取ってから内側をきれいにして、皮をくるりと剥くのですがあまりきれいに剥くことが出来ません。銀の爪を使い、キッチンペパーで拭いながらきれいにしていきます。耳が付いていた方が可愛いので耳を付けたままにしてあります。
Mimiika2
さて味の評価ですが、身がかなり固いですね。ジンドウイカのような柔らかさはありません。しかし、味は良いです。

又やってみるかと言えば、話の種、もうやることはないでしょうね。

| | コメント (1)

2020年1月 7日 (火)

oyster

暮れにシェル牡蠣をいただきましたが、「あまり身が良くない」と言われました。実は三重県の浦村産の牡蠣は、この時季まだあまり身が良くないのです。
Oyster2
早速帰ってから剥いてみましたが、やはりグリコーゲンの大きさが今ひとつ。中には痩せて「水貝」に近いものもあります。牡蠣にはうるさい次女が食べてみて「塩辛い」とのこと。塩辛く感じるときは、痩せているということなんですよ。
Oyster1 
本来牡蠣の美味しい時期は、月の英語でRが付く月と言われ、9月から4月までとされていますが、本当に栄養をしっかり貯め込んでいるのは1月以降ではないでしょうか。

その昔、広島県の西沖水産さんで牡蠣を購入していたことがありましたが、あの牡蠣は立派な牡蠣でしたね。1年だけ身入りが不揃いの年はありましたが、天然のものですから毎年同じという訳には行きません。

懐かしくなって、取り寄せようとネットを探しましたが見つかりません。牡蠣事情に詳しい隠岐の中上さんにうかがった所、西沖水産さんは今年の春で廃業したとのこと、色々な事情がありますから仕方ないですね。

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

新年会の珍事

正月二日は毎年恒例の我が家の新年会、総勢10人になって3年目でしょうか。いや4年目か?
Capu3

カナダ産のズワイガニは毎年恒例ですが、その他のものは毎年いろいろ変化します。今回は生のあん肝をいただいたので、蒸して居酒屋風に。
Capu4
実は三日の日も残り物が沢山あるということで、10人が集まって「続・新年会」が・・・

その時、一番下の三才の孫「かぷちん」が従姉妹のゆずとののちんの家(私の長女の家)に一人でお泊まりに行く言いだしたのです。
Capu1
母親(私の二女)は「一人なんだよ」と言い聞かせましたが写真のように喜んで出かけてしまいました。

この子も臆病で寂しがり屋だから、すぐに撤回して家に帰ると思ったのですが、なかなかその連絡もありません。幸い長女と二女の家は車で10分程度と近いので、爺婆は翌日の報告を楽しみに寝てしまいました。
1578097265711
翌日、無事泊まることが出来たと朝食時の写真と共に報告があり、一同ビックリ。かぷちんの姉のみちも驚いていたようです。

| | コメント (0)

2020年1月 4日 (土)

佐久島のカサゴ

30日の日に佐久島に親戚がある方から魚をいただきました。
Mebaru1
保冷袋に入っていましたが、まだピンピン跳ねて元気が良い魚です。いただいたのは10時ですから、水から上がったのはその2時間前くらいでしょうか?持ち帰ったのはただのビニール袋です。

3時頃家に帰り、煮付けにしようと袋から出したら何とまだ元気に生きていました。

これは新鮮なうちに刺身にしようと、造ってみました。
Mebaru2
とても美味しい刺身が出来上がり、小さいので沢山は出来ません。新鮮で歯ごたえもあり最高の年末でした。

骨と頭は干してダシにするつもりです。

| | コメント (0)

«ホッケ