2018年10月20日 (土)

おやつ

 極小のメジロが出ていまして、非常に面倒なのですが買ってきて真面目に開きましたよ。

Mejiro1  30尾近いですし、骨も取らなければいけないのでもう大変です。このような小さい魚は干すと、孫たちのおやつ代わりになります。上質なカルシウムがたっぷり。小骨が少ないか、食べても気にならない肴が小さい子どもたちのおやつにぴったり。メジロ、アナゴ、サヨリ、ニギスなどで作りました。もちろん骨もしっかり干して、オーブンで焦げないように焼けば、孫たちが喜んでくれます。
Mejiro2

| | コメント (0)

2018年10月18日 (木)

ウミニナ

 海岸を散歩していたら、妙に巻き貝が集中している箇所を発見。

Uminina1  ウミニナ、ホソウミニナの仲間でしょうか?100個以上居ます。何か下に食べ物があって、集まっているのでしょうか?見ているだけでは判別できないので、中央部の貝をどけてみます。
Uminina2  特に何もないようです。魚の死骸などでは何らかの痕跡は残りますから、クラゲのようなものがあったのか?はたまた、フェロモンのようなものが出ていて、集まってきたのか?
 しかし、もっと驚いたのはこの巻き貝、ウミニナではなく全てヤドカリが入っていたのです。元ウミニナって訳ですね。
 帰ってから調べてみると、ウミニナはデトリタスなどを食べているようです。ヤドカリなら生物の死骸を食べていても不思議はないですね。しかも、ウミニナは食用になるとかで、売っている地方もあるとか。今度一度挑戦してみなければいけません。

| | コメント (0)

2018年10月17日 (水)

大豆畑

 今年もまた大豆畑にフェロモントラップが。

Soy1  私ね~ハニートラップなるものに憧れているんですが、一度もその様なチャンスが回ってこない。ではフェロモントラップは?と言われると、いやいや実体がないのにわなにかかって殺されるんじゃ合わないよね~責めて思いが遂げられて、殺されるなら仕方ないけど。カマキリみたいに。
Soy2  容器の中には、沢山蛾が入っていますから、私みたいなやつが多いんでしょうね~。

| | コメント (0)

2018年10月16日 (火)

小サバ

 小さなサバが出ていましてね、このような浮き魚が出ているのは大抵魚兼さんです。

Saba1  本当はこのように小さな魚を捕ってはいけないんですがね~。20尾ほどで300円ですから、漁師さんも魚屋さんもあまり利益にはならないでしょう。買うからいけないと言われれば、頭を掻くしかありませんが、捕ってしまったものを美味しくいただくのも供養かと思って買ってきました。
 実はこの小さなサバはどうやって食べるのか悩むところでしてね、脂がのっていないから煮ても焼いても美味しくない。そこで、締め鯖にしてみることにしましたが、三枚におろしてから塩をふると塩が利きすぎてしまいます、脂がのっていないから尚更でしょうね。そこで、頭と内臓を取った状態、すなわちドレスという形態で塩をふります。
Saba2  1時間でこれだけの水分が出てきますので、このやり方が正解でしょう。酢も利きすぎてしまうので、5分ほど酢で洗い、30分くらい上げておき小骨を抜いて皮を剥いたのがこれです。
Saba3  締め鯖の一切れが、片身だというのは初めてですが、とても美味しい締め鯖が出来ました。小骨を抜くのが面倒ですが。

| | コメント (0)

2018年10月15日 (月)

 お客さんの所に行ったら、小さな花がきれいに咲いていたので、思わず写真を。

Kiku  花の大きさは一円玉より小さいくらいでしょうか。ここの花壇には香草が植えられているので、すぐに葉っぱを取って指でもみ、匂いを嗅いでみましたが、匂いは全くありません。香草ではないようですね。
 キク科の植物は日本人にとって、観賞用にも除虫菊のような生活用にも大事な植物ですが、食用としてはレタス、ゴボウ、春菊くらいしか思いつきません。食用菊ってものがあるそうですが、この地区では一般的ではありませんね。ただ、子供の頃観賞用に菊の葉を天ぷらにしたものを食べたことがあります。独特な風味で、なかなかおつなものでした。

| | コメント (0)

2018年10月12日 (金)

再びハモ

 ハモにはハモとスズハモがあるとのことです。学者さんは知らなかったのですが、漁師さんはずっと前から知っていて、区別していたとか。見分け方は側線数で分かるんだそうです。しかし、生きているハモでは、側線数を数えるのは至難の業です。

Hamo1  ハモを皮を残したままの、骨切りではなく、皮まで薄く切ってしまい、それを蒲焼きにしたものです。小さな子供が食べやすいだろうとやってみたもので、とても気に入ってくれました、薄切りしたハモを油で焼き、蒲焼きのタレで絡ませたものです。オリーブオイルで塩胡椒ってのも美味しいと思います。
Hamo2  骨と尻尾は干して早き焼いては干しで、何かの出しにしようと思っています・・・鍋にはまだ早いしなぁ・・・

| | コメント (0)

2018年10月11日 (木)

栗きんとん

 この地方ではなく、岐阜県の名産ですが秋になると必ず食べたくなるのが栗きんとんですね。

Kuri1  色々な老舗があるようで、皆さんお気に入りがあるようです。この栗きんとんは中津川の川上屋のものです。甘すぎない栗の風味を生かした実に素朴なお菓子です。この時季だけなので、季節を外さないようにしなければいけません。
栗きんとんは、1故250円近いものですから、価値を知らない方にお土産で持っていくのはもったいない。その点我が家は、良く価値が分かっていますから「高価なものをありがとうございます」と何回もお礼を言うこと間違いなし。
Kuri2  これは恵那川上屋の栗入りロールケーキですね。これもあっさり美味しかったです。
 私が一番好きなのは、中津川川上屋の栗きんとんを干し柿で包んだもの、これが本当に美味しい。誰か買ってきて下さい。

| | コメント (0)

2018年10月10日 (水)

散り椿2

エンドロールで十種類くらいの草花の映像が映し出されていましたが、そのほとんどが外来種でしかも江戸時代には日本にないものが多く、その点は残念でしたね。日本固有の花は他にも沢山あるのに、不思議な選択でした。

 キショウブ、スノードロップ、ムラサキカタバミかイモカタバミ、ハルジオン、等々。在来種が一つか二つあったかな・・・・・

| | コメント (0)

テール

 牛のテールってのを初めて調理してみました。売っているところが近くにないので、通販で探して「和牛」と表示してあるものを買いました。

Tail  1kgです。
初めてなので、ネットでした処理を検索してやってみました。まず水から茹でて、アクと汚れを落とします。次に生姜やネギを入れながら弱火で30分ほど茹でて、良く水洗いします。その後余分な脂をそぎ落としますが、私は市販のカレールーを使いませんので、脂身もごく細かく切って煮込むようにします。市販のカレールーは獣脂が沢山入って、コクを出すようにしてあるからで、その補充の意味です。
 その後、タマネギ、ニンジン、ニンニク、りんご、バナナをフードプロセッサーで細かく切って、スロークッカーで5時間ほど煮込み、小さい子供用と大人用に分けてから、それぞれカレー粉を投入して味を調え、さらに2時間ほど煮込みました。
 結果は上出来でしてね、実に美味しく出来上がりました。パンかご飯お好みで全員に食べて貰いましたが、小さい孫二人が「そんなに食べて大丈夫かな?」と思うほど食べてくれました。

| | コメント (0)

2018年10月 9日 (火)

愛について2

 この子は今、覚えなければいけないことが沢山ありすぎて、混乱していることは確かです。

 食欲は相変わらずです。でも動くことも動きますので、顔はすっきりしてきました。もうキングスライムとは言わせません。

| | コメント (0)

«散り椿