マグロの子供

先日のこと、孫のゆずちゃんの誕生日会を開くというので、何が食べたいか聞いてみたところ「お刺身が食べたい」とのリクエストをいただきました。とは言え、いつものスーパーマーケットに行ってみなければ、どんな魚があるかさっぱり分かりませんので、開店と同時に行ってみました。

マアジやミズダコなど刺身になる魚はありましたが、一番面倒でない「長崎産 本メジ」ってやつにしました。大きさは全長で優に50cmを越えています。ちなみにメジとはクロマグロの幼魚のことです。ヨコワとも言いますが、これ長崎から北上して大きくなれば大間のマグロですからね。

ちょっともったいないですね、1尾3,000円でしたが、10人で食べるんですから安いものです。
Yokowa1_20240223170201

例によってドレスにしてもらいましたが、これは中落ちを自分で確保しようとする狙いでした。
Yokowa2_20240223170301

目論見は見事に成功しました、上手に中落ちを梳き取ることが出来ました。ここまでやれば、もう捨てても良いですね。
Yokowa3

身にもそこそこ脂がのっていましてね、美味しそうでした。

赤身の刺身は、鰹と同様タマネギが合いますので、新玉ねぎでケンを造り敷いたところ、大人は喜んでタマネギも食べてくれましたね。

Yokowa6

実は持って行ったのは、魚の四分の三。ボイルのホッキ貝がありましたので、盛り合わせにしましたが、大皿二つ出来ました。
Yokowa4

四分の一は翌日再び老夫婦の刺身定食となりました。また中落ちは漬けにして美味しくいただきました。
Yokowa5

| | | コメント (0)

2024年2月22日 (木)

中華そば

ボランティアに出掛けた、昔のお客さんの息子さんが「朝市にラーメン屋が出来た」と教えてくれました。

ここの漁港を少し説明しておかなければいけないのですが、昔から漁港の競り場がありそこで、魚屋さんが小売りもしていたんですが、その近くに「一色さかな広場」がオープンしたのが20年以上前だったでしょうか?大型の店舗で中に魚屋さんや海老せんべい屋さん、乾物屋さんなどのテナントが沢山入った集合施設でした。ちょうど日本全国で流行った頃ですね、ここは日中営業です。

その隣にアーケードのような屋根が被った長屋のような10軒ほどの店舗があるのが「朝市」、ここは土日・休日には早朝から午前中近くまで、開いているでしょうか?

そして、一色漁協の横にある「さかな村」は、ご存知市場で競った鮮魚を、一般人の私たちにも売ってくれる、魚屋さんの集合施設です。

この三つの販売施設の「朝市」の一角にラーメン屋さんが出来たというのです。元は何のお店だったか忘れてしまっています。この辺は、平日は殆ど開いていないから私には用がないからです。
Tyuukasoba1

行ってみると、確かに幟と看板が出ています。ラーメンではなく中華そばでした。朝からあまり食べない私ですが、この中華そばという言葉に誘われて、入ってしまいました。良く最近見かける「○○系」と言われる、ラーメンではないのが気に入ったからです。

「いつからやってるの」と聞いたら「今年からです。」と笑顔で答えてくれたので、醤油味の中華そばを注文してみました。
Tyuukasoba2

私は中華そば・ラーメンに明るい方ではないので、講釈が言えませんが脂ギタギタの最近のラーメンとは違い、あっさりとした味と魚介系のダシがしっかり出ていてとても美味しい。

お店でこのような中華そば・ラーメンを食べたのは何年ぶりでしょうか、あっさりしているとは言いましたが、もちろん私が子供の頃食べたものと比べればはるかにこってりしたものだとは思います。

ごちそうさん。次に来たときには塩ラーメンもいただいてみるよ。と言って店を後にしました。

昼前、前述のさかな広場でミカンを買おうかと、寄ったところ、お店が閉まっていました。新しく開店する店もあれば、終止符を打つ店もあり、悲喜交々ですね~。

| | | コメント (0)

2024年2月21日 (水)

昨日は火曜日でしたから、ボランティア活動に出掛けました。

家を出る4時少し過ぎは、風もなく暖かな天候でしたが、ぼんやりと霧が出始めていましたので、一色に着く頃には霧で前が見えないのではないかと心配でした。

案の定、海岸に近づくに従って霧が濃くなり、センターラインも見えにくくなってきました。こんな時に車のライトをハイビームにすると、霧に反射してかえって見にくいので、スピードを落としてゆっくり運転しました。
Fog3

霧は8時過ぎてもあまり収まることはなく、三河湾も知多半島も佐久島も全く見えません。
Fog2

太陽が出てきても、全くまぶしくはありません。こんな日は日中暖かい春の日だと思われますが、本当に汗が出るような日でした。
Fog1

 

| | | コメント (0)

2024年2月19日 (月)

きょうは雨水

朝から雨が降っていまして、徘徊も出来ずに家でくすぶっていました。

きょうは雨水、空から降るものも雪から雨になる季節です。

雨水の日は俗におひな様を飾る日でもあります。この日におひな様を出すと、良縁に恵まれるとか・・・・・

さて、先日、いつものスーパーマーケットでマサバが売られていました。鳥取産で1尾500円。丸々していたので思わず買ってしまいました。丸のままもらって、アラを味噌汁のダシにしても良かったのですが、いつも通りドレスにしてもらいました。

新しそうなので、店員さんに締め鯖はどうか?と聞いたところ、「ちょと・・・・・」と否定的なお返事だったので止めました。一色で買ってくる場合、どこも「締め鯖」を勧められますし、中にはかなり古そうな鯖でも「締め鯖OK」と書いてある魚屋さんがあります、これはどういう違いなんでしょうね、おそらくどちらも現地で冷凍されたものだと思うのですが、違いがあるのでしょうか?」
Saba1_20240219162701

鯖は三枚におろして、以前やったカレー味のオリーブオイル焼きにしてみました。結構良い鯖でしょ。売り場のおばちゃんに「私のような丸々太った鯖を選んでね」とお願いしておきました。
Saba2_20240219163001

粉は片栗粉と浅岡スパイスのカレー粉を、だいたい半々で混ぜたものです。

ニンニクのスライスをオリーブオイルで焼いてから、鯖を焼きました。そうそう、1時間くらい前には塩で締めておきましたけどね。
Saba3_20240219163401

そこそこ脂がのっているので、塩は強めの方が良かったです。とても美味しい鯖でした。

| | | コメント (0)

2024年2月18日 (日)

ある日突然

三週ほど前の週刊新潮にこのような記事が掲載されていました。
Air1_20240218160201

私が以前から、ブログでアップしているTillandsia、つまりエアープランツの栽培が高齢者に向いているのではないかというものです。

私も2~3年前からやっていますが、財布に優しい、それほど面倒ではない、面積が実にコンパクト。多彩な種類で、飽きさせない。など色々面白いこと満載です。
Air2_20240218160501

なにしろ、栽培場所は天候や気温によって、あちこちに移動できますし。我が家の8割方のTillandsiaはこのダイソーの金網に掛かっています。

以前から種類や花を紹介していますが、全部で30個ほど有るでしょうか、種類や品種により個性があるので実に面白い、また手に入れるのも簡単です。私は、近所のダイソーで手に入れたものが殆どです。土は全く要りませんので、実に衛生的。先日、紹介したschiedeanaの花芽は順調に生育していますが。これは毎日見ているのに本当にある日突然気がつきました。
Air4_20240218161201

一番先に我が家にやって来た、strictaの一種、やや葉が固く大きめです。当初、二株でしたが子株が出来、少しずつ大きくなりましたが、全く発根はしません。鉢の中にバークチップを入れてその上に固定しましたが、安定しないので、カクタスボーンを縦に切り、穴に茎を差し込んでから、銅線で固定してあります。子株が出ているので合計5株ありますから、一度に花が咲くときれいだろうな~と楽しみにしていたところ、なんと三つの株から花芽が出ているではありませんか。
Air3_20240218161701

先日来咲いていた、小さな葉のstrictaと比べればはるかに大きな花芽です。
Air5

5つの株から同時に咲かせる夢は叶いませんでしたが、まあ三つ一度に咲いてくれればまだまだ素人の私にとっては、非常に喜ばしいことです。

これで種・品種では5つの花を見ることが出来そうです。

| | | コメント (0)

2024年2月17日 (土)

先生と言われるほどの・・・

私の親や祖父母の世代では、小学校中学校の先生と言われる方々は、非常に尊敬される立場で、ある意味「先生」を通り越して「先生様」と呼ばれることもありました。

我々の年代になってくると、ちょっと変わってきて、暴力的なおかしな先生がいるとかやけに女子生徒を触る先生がいる、とかの噂は出ていましたが新聞沙汰になったり、警察に捕まることはなかったと思います(やることはやっていたのでしょうが、もみ消し方が上手と言いましょうか姑息だったと言いましょうか)
News1_20240217144901

時代は変わり、今や年に何回教育界の不祥事が新聞を賑わわすのでしょうか。

こんかいのニュース。これ早い話が、校長センセの椅子を賄賂で何とかしてよって話ですよね。出していたのが教員団体・・・つまりガッコのセンセの集まりで、もらっていたのが市の教育委員会、泣く子も黙る教育委員会・・・こんな言葉があるのかどうかは知りませんが、かなりの権力だと思いますね。

河村市長も憤慨していましたが、我々何十年も生きてきた背中に苔が生えた爺さんは、ただ一言「やっぱりね」です。

10年以上だとか20年以上だとか言われていますが、急に始まることはありませんから、ずっとだと思いますよ。愛知県内の他の市町村を調べたら、そのような事実はかったとも言われていますが、そんなこと信用できるわけがありません。
News2_20240217145901

可愛そうなのは、今学校長やっている先生や、その昔やっていた方も、わいろで校長の椅子を買ったのかよ!と疑われてしまうことです。

前述のように、校長の椅子ってのはおそらくなかなかなれるものではないでしょう。一族の中でも誉れの高いことでしょうし、地域では名士として通っていることでしょう。

中には本当にご立派な先生、校長先生もいらっしゃると思います、なんだかそういった方々の足を引っ張ってしまいましたね。

| | | コメント (0)

2024年2月14日 (水)

朝は冷たい

出掛けたのが5時少し過ぎ、案外暖かでした。

少し前はスマートウォッチの設定を9,500歩で、お知らせのバイブが鳴るようにしていましたが、もう年寄りなので適度なところで帰ることにしています。どこが適度かと言えば、その日の好奇心が満たされればそれで良し。
Sakaigawa1

今朝の一つ目の好奇心は、明日が雨だというので朝焼けはどうか?ということです。ここは境川、逢妻川、そして大府市から流れる石ヶ瀬川の合流地点です。この先は衣浦湾に流れ、三河湾へと注ぎます。

朝焼けは特にきれいではなく、通常の夜明けでしょうね。しかし、家を出るときは暖かいと感じていましたが、流石に夜明け前は手袋をしていても、指先が冷たく感じます。田んぼのあぜ道を通れば確かに、うっすらと霜が降りています。
Sakaigawa2

川に居るカモたちも、もうすぐ北へ帰る時期ですね。

さてもう一つの好奇心は、亀城公園のフキノトウです。

いつものホームレスの方に、出会うことが出来ましたがフキノトウはまだでしたね。備忘録である、このブログを確認すれば良いだけの話なんですがね~・・・・・

セントラルパークのホームレスの方二名は、変なイベントがあったためかどこかへ行ってしまいましたが、亀城公園の方は健在でした。寒い冬をよくぞ乗り越えたものだと感心してしまいます。

| | | コメント (0)

2024年2月13日 (火)

ワカメ

今朝、一色町の元お客さんのところへ行ったら、二つの訃報を聞かされました。

歳を取ると言うことはこんな事なんでしょうね、出会いより別れの方がずっと多くなってくる。時間が経てばもっと多くなるのか、こちらの方が先にお別れしてしまうのか?お二方共に、最期のお別れに行ったり、お葬式に参列するほどではありませんので、心の中で合掌してお別れします。

きょうは日中暖かでした、しかし5時前後は風がないのにかなり冷えて、霜が降りてきました。まだ一気に暖かくなることはないでしょうが、夕方になっても建物が温まっているので、それほど寒くは感じません。

魚はないだろうと思いつつさかな村へ行ってみましたが、やはり大したものはありません。
Wakame_20240213173001

先日お知らせしたワカメが高橋さんに置いてあり、1個300円、2個500円、3個600円と実に合理的な価格設定でしたので、思わず3個買ってしまいました。これでワカメもおしまい、どこかの魚屋さんに小さなメカブが出ていましたが、メカブより茎の方が多かったので、買ってきませんでした。しかし、一度は食べたいですね。

| | | コメント (0)

2024年2月12日 (月)

春ですね

実はこのschiedeana(シーディアナ)の花が我が家で咲くのは初めてなので、とても楽しみにしています。株の一つは枯らしてしまったと言いましたが、この種は扱いに困りましてね、転がしておくか、バークチップに植え込むように置き、固定してしまうかですが、水の与え方が難しくて、多かったのか少なかったのかで枯れてしまったんだと思います。
Schiedeana1

良く空気中の水分を吸っているから、土に植えなくても良いし、水も与えなくても良い、等と宣伝している方がおられますが、それは嘘です。熱帯や亜熱帯などのスコールがあったり、空気中の水分が多いところでは水やりの必要がありませんが、日本では定期的に水を与えなくてはいけません、まあ種によって間隔や与え方は異なりますけどね。表面の白い粉のような場所が、トリコームと言われる水分を取り込~む器官です。

さて、暖かくなってきたので、スーパーマーケットの野菜や鮮魚も品揃えが春モードになってきました。先日、菜の花が大きな袋で200円と比較的安かったので、買ってきました。春と言えば、やはり苦みですよね。そろそろ公園のフキノトウも見に行ってこなければいけません。
Nanohana1

菜の花を油で炒め、軽く塩胡椒してから辛子マヨネーズを入れ、ちょっと炒めてみました。苦みがちょっと苦手、と言う方には良いかもしれません。まあ市販の菜の花の苦みなんてたかがしれていますけどね。
Nanohana2_20240212150401

こちらは定番の酢味噌和え。彩りはこの方がずっと春らしくて良いですね。

 

| | | コメント (0)

2024年2月11日 (日)

富山産フクラギは続きます

変な癖で、気に入ると同じものばかり買ってしまいます。

何年か後になれば、氷見の寒ブリだったかもしれない富山産フクラギですが、その片鱗はあるようで家族が集まったときに食べさせたら、実に評価が高かったです。以前申し上げたように、この手の魚の川を引く事がとても苦手なので、鯵の時と同じように、三枚におろす前に、皮を剥いてしまったらどうか?と気がつきやってみました。ところが、皮と身の接着がとても強く、かなりの力が必要です。それでも何とか剥けましたが、かなり硬い薄皮が残ったままで、かえって刺身を造り辛くなってしまいました。下手でも、包丁でやらなければいけませんね。
Fukuragi1_20240211094901

昨日はその失敗の記憶があったので、包丁でやってみましたが、何とか上手に出来ました。老人二人なので、一度には食べきれません。一日目には薄造りで、紅葉おろしでいただきました。まだ弾力が残っているので、これが正解。
Fukuragi2

二日目は、醤油・味醂・日本酒を煮立てて冷ましたタレに刺身をしばらく浸けておき、取り上げてからチューブワサビで混ぜ合わせ、ネギも混ぜ合わせ、胡麻を振り
Fukuragi3_20240211095501

食べる直前にもみ海苔をたっぷり掛けていただきましたが、酒の肴にも、熱いご飯にもピッタリ。もちろん、熱湯を掛けてお茶漬けでも実に美味しいですね。

| | | コメント (0)

«初めての経験