« もうすぐ土用丑 | トップページ | 宮崎学ワールド »

2006年7月22日 (土)

続・新一色漁港

Sakanamura1以前、ここで一色漁港の移転について書いたが、どうやら市場そのものが移転変化してしまったようだ。
スレートの長家風の店舗が約20軒店を並べている。土日は昼頃まで営業しているというから、かなり一般の消費者を狙ったものと思われる。

今までは数軒の卸の方々が一般にも売ってくれる、という図式でありトロ箱単位という大まかな売り方が多かったが今回からは小さいロットでの販売が主流になった。
Sakanamura2 初日が土曜日で、昨日から珍しく天気がよいので船も出たし、お客さんも多く誠に結構なことである。

ただ、人件費や当然あるだろう場所代を考えれば魚は高くなるし、事実売っている正直なおばちゃんはそう言う。





Ibonishi 少し徘徊していたら、前から味見してみたかった【イボニシ?】が袋入りで売っていたので購入、これも前ならトロ箱単位だったので少々高めでも有り難い。

すぐに茹でて数個ほじりだして食べてみた、初めに食べた二三個は三重県で「いそもん」と呼ばれるバテイラに似ていたが、後に食べたものに強烈な苦みのあるものがあった。
大人の味といったところか。

Kyuuitiba 旧市場はご覧のとおり誰もいない。











Kyuugyokou 漁港も誰もいない、今は使われなくなったトロ箱が山積みされているだけ。

|

« もうすぐ土用丑 | トップページ | 宮崎学ワールド »

コメント

初めまして

どえらえもん、といいます。

ココログの検索で遊んでたらこちらにたどりつきました。

毎日毎晩いろんなBlogサイトを拝見させていただいてますが

どれも私の知らない世界ばかりで、

いかに自分が世の中を知らないかを

痛感させられます。

こちらのサイトもとても興味深いです。

いつも、でたらめな妖怪人間を相手にしている自分とは大違いです。

どうもお邪魔しました (^^)

投稿: どえらえもん | 2006年7月22日 (土) 21時18分

イボニシはかなり苦いですよね。
以前、(ゆがいた)テングニシを食べると口がしばれるぐらい苦かったです。テングニシを洗って食べたら、苦味はなかったです。

投稿: こびんす | 2006年7月23日 (日) 00時32分

こんにちは~
一昨日、デパートの地下を歩いてたら、
三河湾のうなぎ~って声がしましたので、
引き返し、買いました。美味しいよ、美味しいよって
言ってくれました。ほんとに美味しかったです。
ここのエサわね、シラスとにんにく?たしかにんにくって
聞こえたけど、も一度聞き直せばよかった。
なんて言ったのかしら。

投稿: k2 | 2006年7月23日 (日) 15時12分

皆様こんばんは~

どえらもんさん、書き込みありがとうございます。
またぜひ遊びに来てくださいね~。

こびんすさん、確かに苦かったです。
苦い部分はごく一尾部のような気がしますね。
筋肉部分とシッポの中間点かな?

よだれ貝の方が美味しかったと思います。
でも季節的な違いもありますのでまた挑戦してみます。

k2さん、最近やっと三河産(一色産が多い)が認知されるようになってきました、嬉しいです。
恐らく「シラスウナギの頃からニンニクを入れた餌を食べさせている・・・」というようなことを言っていたのだと思います。

ニンニクを入れるとどうなるかは分かりません。

皆様かきこみありがとうございます。
継続への励みになりますので、今後とも興味がありましたらぜひ突っ込んでくださいね。

投稿: からっぽ親父 | 2006年7月23日 (日) 20時32分

一色漁港

投稿: 000 | 2009年3月 4日 (水) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうすぐ土用丑 | トップページ | 宮崎学ワールド »