« 藤沢周平 | トップページ | カンムリカイツブリ »

2006年8月25日 (金)

今朝も一色さかな村

Sakanamurakanban不思議なことに「一色さかな村」については、あまり開かれた情報がなくてネットももちろん、現地でもこの看板があるだけで、何時から何時までやっているとか休日はいつか、の張り紙はない。この看板は店舗の案内で、見れば分かるようにの店の構成は、海老せんべい屋さんあり、練り物やさんあり、冷凍海老屋さんあり、でかなり観光的な要素が強い。元々ここ一色漁港は魚屋さん以外の素人にも販売してくれる開かれた市場であった。それをもう少し販路拡大を狙って、漁港移転とともに販売形態を広げたものだろうか?それにしては、今流行のネットでの宣伝が全くないのは驚く。

Sakanamura1_1 実は、このブログはアクセス解析が導入されており、訪れた方々の検索ワードを調べてみると、「一色さかな村」「一色漁港」などの言葉で入ってくる方が30%を越える。中には、この写真の「はんぺい工房 稲竹」という検索ワードで入ってこられた方もいる。

では他にどのようなサイトがあるか探してみると、かろうじて一軒一色町在住の方であろうか、このようなサイトが見つかった、私のブログと違って真面目にこつこつと積み上げたホームページなので無断ではあるが紹介したい。
http://www.geocities.jp/gtsfp998/index.html

とはいえ、平日の早朝に買いに来る方は地元の目の肥えた人ばかり。
Sakanamura2_1 鮮魚に眼が行くのはやむを得ないことである。

きょうはメゴチ、イカ、シャコが多かった、シャコはその場で茹でて売っているところがあるので、塩加減、湯温度などを考慮するとその方がよいかもしれない。

先日はこちらでキンカと呼ばれるサッパを酢漬けにしたらとても美味しかった。
きょうはニギスを購入、40尾ほどで500円、半分をフライ用におろし、半分を半日天日に干して干物のできあがり。売っているおばちゃんたちは、内臓も出さなくて良いというが、残暑厳しき折、エラと内臓は取り除いて干した。
Nigisu_2
いかがであろうか???

|

« 藤沢周平 | トップページ | カンムリカイツブリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤沢周平 | トップページ | カンムリカイツブリ »