« パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト | トップページ | くりさんの水産雑学コラム100 »

2006年8月 4日 (金)

きょうも土用丑

Doyouushi1きょうは土用丑、今年のこの季節2回目の土用丑でウナギ屋さんのかき入れ時(二の丑と言うんだそうだ)、ということで一色うなぎ漁協の前を通ったらポスターが貼ってあった。

手元の電子辞書で調べてみると、土用とは立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれ18日前を言い初日を土用の入りと言うんだそうだ。「丑」とは干支なので12日で一回り、従って丑の日が土用に入って6日までにあれば、その季節は「二の丑」があるということ。
理論上年間の土用丑は4回~8回あるということだ。ウナギ関係者なら調べているかもしれない。

組合の職員に聞いてみると、「きょうはお客さんが多いですよ」とのこと。通常、二の丑がある時は最初の丑の時もあまり売れないとか、早い土用丑は梅雨が明けていないことが多く「暑いからウナギでも食べようか」という気分にはならないらしい。事実今年の梅雨明けも遅くウナギ関係者は気を揉んだという。
Kakakuhyou 価格は最初の丑の頃と変わっていない、例年なら一回目の丑が終わると生産量も増えてきて、価格は下降気味になるのに今年はいまだに供給が需要に追いつかない状況で、こんなことははじめてだという。

原因としては九州地区の成育の遅れ、中国の禁止薬品検出で輸入が停まった事などが考えられるという。

さて、話だけ伺って申し訳ない、買わずに友人の養殖業者にウナギをいただきに行こう。

|

« パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト | トップページ | くりさんの水産雑学コラム100 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト | トップページ | くりさんの水産雑学コラム100 »