« きょうの一色さかな村 | トップページ | 秋葉山本宮秋葉神社 »

2006年8月12日 (土)

ゴボウの花

Gobou 旧名鉄三河線、一色駅の近くの畑で大きな葉の植物からするするっと、垂直に大人の背丈ほどある茎が伸びていた。「ああ、これは花が咲くんだな」と思い楽しみに待っていた。

そこの畑は車で通りかかるだけなので、花の姿もはっきりせず、ある日カメラを持って散歩がてら歩いて行ってみた。

畑には持ち主が作業していたので許しを得て観察すると、栗のイガのような蕾にアザミのようなピンクの花が咲いている。

Gobou2 そう、これが牛蒡(ゴボウ)の花。家が農家だったので栽培されるゴボウの姿がどのようなものかは知っていたが、花を見るのはこれが初めて。

アザミと同じキク科の植物。図鑑などを見るとユーラシア大陸の原産だとか、食べる習慣のあるところも日本以外はほとんどないようである。

きんぴらゴボウにするとパリパリととても良い食感、ほのかな泥臭いアク臭も私は好きである。

|

« きょうの一色さかな村 | トップページ | 秋葉山本宮秋葉神社 »

コメント

ゴホン、ゴボウ、ウハハ~~~ヒントねぇ~
深読みできないお間抜けな私には無理。
難しいわん。でもね前に一度見たことあるかも。
野菜の花はいいねぇ~~~。

投稿: 秀子 | 2006年8月12日 (土) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうの一色さかな村 | トップページ | 秋葉山本宮秋葉神社 »