« アオサ・その後 | トップページ | ワンコ先生 »

2006年9月15日 (金)

海岸の鳥

Shigi 海岸の波消しブロックの上にシギたちが20羽ほど泊まって休んでいる。海岸から垂直に伸びたこのような場所は、100mおきくらいにあるのに、鳥たちは散在せずに一カ所に居ることが多い。しかも種類が違うにもかかわらず。

急に、頭を羽の中に突っ込んで寝ていたシギたちが起きだしてバタバタし始めた。といっKosagi1 て危険を感じたのではなく先端に停まっていたコサギが陸地の方へ移動し始めたのだ、その移動の仕方がドタバタと周囲に遠慮のない動きなので、シギたちがうるさがっているようだ。シギも危険を感じたわけでもないので、遠くに飛び去ろうとはしない。

おかげで大きなシギが「オオソリハシシギ」ではないかと、見当がついた。すぐ近くに「ソリShigi2 ハシシギ」がいて両方ともクチバシが上に反っているのが特徴である。

コサギは相変わらず不器用な歩き方で、しかし少しずつ下に降りてブロックの間の餌を探し出した。一体何を捕まえるかとじっと見ていたら、それはフナムシであった。長いクチバシと、首、それに足は確かにこのような場所では獲物を捕まえやすい。

Kosagi2 フナムシの触角が見える。

|

« アオサ・その後 | トップページ | ワンコ先生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アオサ・その後 | トップページ | ワンコ先生 »