« アラ | トップページ | アイブリ »

2006年10月30日 (月)

鯨を食べる

大阪の徳家http://www.tokuya.jp/next.htmlで「鯨を食べるオフ会」があったので行ってきた。

Kujira 昨年は久しぶりにナガスクジラが5頭調査捕鯨の対象になったとかで、それも食べられるということを聞いたので期待していった。日本人と鯨とのつきあいは、私が言うまでもなく昭和三十年台、四十年台の記憶がある人なら、個人個人の思い出がいろいろあるだろう。実際に商業捕鯨が全面禁止になったのは、1987年ということだからちょうど20年前。とにかく、欧米の感情論に押し切られた形の捕鯨禁止には今もあきれるばかりである。

その後、南氷洋だけでなく全世界の鯨資源は確実に増え続け、今や魚を食い尽くす勢いでさんま棒受け網などでは直接的な被害も出ているという。しかし、あちらの方々は感情論であり、反対運動は一つのビジネスであるから、話し合いがまとまるわけではない。

というような、有意義な講演も聴いて、さえずりや刺身、はりはり鍋をいただいた。とても美味しかった、我々日本人が鯨を美味しいと思う気持ちはDNAにインプットされているのかもしれない。

Kabayaki_1 翌日、朝の散歩をしていたら、お店のガラス越しに鰻を調理しているのが見えたので、昼食に行ってみた。さばいていた鰻は、外国産の5Pだったと思う。品書きは、蒲焼きとまむしに分かれていて、通常の鰻丼にあたるのが「まむし」であり、一番高いもので写真の1400円と、さすがに大阪、安い。と思ったら、鰻が一切れしかない・・・・・・。食べ始めたら、中から蒲焼きが出てきたので一安心。

味がかなり塩辛く、関西のイメージとはかけ離れていて、しかもつゆだくの状態で、最後までたれがそこに溜っている。これが関西風なのだろうか、店内を見回せば、70過ぎのお年寄りがこの【まむし】とう巻き(350円)やビールを飲みながら、美味しそうに食べていた。

|

« アラ | トップページ | アイブリ »

コメント

鯨・・・刺身でも食べましたよ、今思うに牛肉よりは多く食べた記憶があります・・最も両方とも数多く食べれませんでしたが。
大学時代に下宿近くの飯屋で鯨肉ステーキ定食を食べたことがあります、硬かったな~(笑)そうそうベーコンもあったですよね。

投稿: 北割H | 2006年10月30日 (月) 22時22分

やはり、皆様それぞれの鯨に対する思い出がおありのようですね。

特に我々の年代ですと、鯨は給食の思い出とつながることが多いようです。北割さんのように、刺身とつながるということは、かなり左利きのようですね。

長崎に「さらし鯨」ってのがありまして、酢みそで食べるのですが、ちょっと苦手でした。
あとは、百尋(ひゃっぴろ)という鯨の腸、これも長崎名物です。

投稿: からっぽ親父 | 2006年10月31日 (火) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アラ | トップページ | アイブリ »