« みかわベイフェスティバル | トップページ | 鯨を食べる »

2006年10月28日 (土)

アラ

Ara3 珍しい、アラが出ていた。ここでは初めて見るもので、あまり大きくはないが、全長30cm位の写真のもので、850円だという。隣に大きなホウボウが出ていて、800円だったので悩んだが、アラはまだ食べたことがないので買ってみた。

ハタ科のクエをアラと呼ぶ地域もあるが、これは標準和名がアラで、スズキ科だという。

どうやって食べたら良いか聞いてみたら「鍋が一番、刺身もいいよ」とのことだったので、刺身にしてアラ(頭や骨のあら)は味噌汁にすることにした。

鱗は全身にあるが、細かいので取りやすい。ただ、腹鰭や背びれしり鰭、鰓蓋に鋭い棘Ara4 があるため、鱗を落としているときも指を刺してしまった。魚自体は身も皮もしっかりしているので非常におろしやすい魚である。

刺身は弾力がありそうなので、薄造りにしてみた。歯ごたえもやはりしっかりしていて、美味しい刺身ができあがった。しかし、絶品は味噌汁、出汁がしっかり出ているし、煮くずれせず身はしっかり、皮はトロトロ。真冬に鍋で食べてみたい魚であるが、おそらくその頃にはここの市場で出ていることはないだろう。

Ara2 ここの市場では、買えるときに買って、食べられるときに食べておくのが鉄則である、やや大げさだが・・・・・ホント。

|

« みかわベイフェスティバル | トップページ | 鯨を食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みかわベイフェスティバル | トップページ | 鯨を食べる »