« 志摩旅行2 | トップページ | ボージョレヌーボー »

2006年11月15日 (水)

ヘダイ

Hedai1 昨日、ヘダイと思われる魚が300円で売られていた。今までも、手のひら大のものが、いろいろな魚に混じって売られていることはあったが、そこそこの大きさのものが単体で売られているのは、初めて見たので迷わず購入した。実は、まだ一度も食べたことがないのだ。

おろしていると、腹腔内に石けんのような脂肪の固まりがあって、ヌルヌルする。

どうやって食べようかと、とりあえず三枚におろした。身は比較的柔らかく、身割れしやすい。Hedai2 鮮度に問題があるのか?それでは、寒くなってきたことだし、皮を付けたまま、薄切りにして、【魚のしゃぶしゃぶ】にしよう。

当然この手の魚は、あまり熱をかけすぎると、鍋の中でばらけてしまうが、短時間のしゃぶしゃぶなら実にうま味が凝縮して美味しいし、皮下の脂がしっかりのっている。我が家の女房は、こういった脂が苦手らしく、シロサバフグを専門に食べていたが、魚喰いの長女はそれが美味しいと言っていた。無脊椎動物フリークの次女は、女房と長女の中間。

|

« 志摩旅行2 | トップページ | ボージョレヌーボー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 志摩旅行2 | トップページ | ボージョレヌーボー »