« 雪の朝 | トップページ | 年末のさかな村 »

2006年12月30日 (土)

シラスウナギ池入れ

Shirasuunagi1 友人のウナギ屋さんがシラスウナギを購入したということで、見学に行ってきた。ここ一色町は全国でも有数の、養殖ウナギの産地である。

シラスウナギは既に100坪の池2枚に各35kgずつ入れられて、池の周囲を元気よく泳いでいた。尾数にすると、一池20万尾に近い数が入っているというから驚き。単純計算で、20万食分の鰻丼???

池はボイラーで加温されつつあって、上着を着ていると暑いくらいだ。池入れから一週間ほど加温を続け、30度くらいで餌付けをするという。餌付けは最初、暗くなってから始め、その後朝晩2回の餌を毎日定期的に与えるんだそうだ。

最初に与える餌は、イカや魚肉のミンチに人工的なフレーバーを付けたもので、非常にウナギの嗜好性が高いという。値段も結構高く、1kgで4200円。最初に与えるものは美味しいものでないと、今後の成績に影響するそうだ。
Aquaace

このシラスウナギは、来年夏の土用丑(8月30日)には、ほとんど200g以上に成長して出荷されているという。

|

« 雪の朝 | トップページ | 年末のさかな村 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の朝 | トップページ | 年末のさかな村 »