« ワニゴチ | トップページ | 時代考証 »

2007年1月23日 (火)

コミミズク

Komimizuku 草むらで立小○をしようと思って車を停めたら、目の前の杭にコミミズクが留まっていた。以前から冬になると牧草地や、畑でよく見られることは知られていたが、私は初めて見た。

コミミズクは小さいミミズクという意味ではなくて、小さい耳のズク(木菟)なんだそうだ。したがって、オオミミズクってのはいないようだ。ついでに、ただのミミズクってのもいなくて、標準和名では昆虫の一種にこの名前が付いている。

日本へは越冬のために飛来するらしいが、草原などでネズミや小鳥を捕るらしい。フクロウが森の賢者なら、コミミズクは草原の賢者か。
目の前で、草むらに飛び降りて、ネズミを押さえる仕草を見せてくれたが、空振りだったらようだ。
Komimizuku2 4月頃まで、日本にいると聞くので、また姿を見せてくれればよいのだが・・・・・

ちなみに、ミミズクの語源はミミズを喰う、からミミズクゥ。というのは、完全に親父ギャグだから使わないように。

|

« ワニゴチ | トップページ | 時代考証 »

コメント

あれ~
ミミズク見られて!!
良いですね(^^♪

投稿: おーちゃん(chiba) | 2007年1月23日 (火) 16時03分

ふふふ、いいでしょ~♪
うらやましいでしょ~♪

関東地方にも飛来しているようですから、ぜひ観察してみてください。
gakuさんのページを参考にしてね。
http://www.owlet.net/06-fukurou/2001-0502.html

畑などの広い場所で杭に留まっていることが多いです。
3時以降がいいかなぁ~。

ちょっと、感激ですよ。

投稿: からっぽ親父 | 2007年1月23日 (火) 20時47分

あれ!こちらに正解が・・・。
コミミズクなんですね、野鳥のポケット図鑑を見れば良かったですね~。でも私もおーちゃんと一緒で羨ましいです。

投稿: 北割H  | 2007年1月24日 (水) 23時24分

やはり、猛禽類ってあこがれますよね。
見とれてしまいます。

信州ではどうかな?おーちゃんの所の近くにはいるかもしれません。

投稿: からっぽ親父 | 2007年1月25日 (木) 07時40分

いるかなあ(ーー;)

投稿: おーちゃん(chiba) | 2007年1月25日 (木) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワニゴチ | トップページ | 時代考証 »