« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

ナマコの想い出

Namako1 我々が通常酢の物などで食べるナマコは、【マナマコ】である。マナマコも青っぽいものと、赤っぽいものがあり青は内湾に多く、赤は外洋に多い。値段は、上の青が1袋600円、下の赤が800円と、赤に軍配が上がる。

実のところ、私は海のそばで育ったのではないので、大学生になって水産学部というところに入り、しかも潜水部(漁協などに聞こえが悪いということで、後に改名したが)というクラブにはいるまでナマコを触ったことがなかった。手熊という海岸へ潜りに行ったとき、K先輩が大きな赤ナマコを捕らえてきたときも気味が悪かったのだが、先輩がナマコをいじめて内臓を吐出したときは、話に聞いていたとはいえ驚いた。

しかし、さらに驚いたのはその内臓(言ってみればコノワタである)を、先輩が海水で洗い指で腸の砂をこしながら、口に入れてすすりだしたではないか。驚いた顔で先輩の顔を見ていたら、ニタァ~と満足そうな顔で笑った。

Namako2 ナマコが内臓を吐く、というからそれは当然口から出てくるのだろう。肛門から出てきたら、脱糞もしくは脱肛だ。とくだらないことを考えるほど、ナマコの口と肛門はどうでも良いようなものだ。話は違うが、沖縄などの南の砂浜には、やはり大型のナマコ【バイカナマコ】【ジャノメナマコ】が棲んでいる。バイカナマコは特に大きく、フランスパンをそのままの大きさで太くしたような感じである。

これらの体内にはよく【カクレウオ】が棲んでいることが知られ、私も何匹かのカクレウオを確認した。このカクレウオの場合、ナマコの肛門から出入りするようで、間違えることはないだろう。
他にも【ナマコマルガザミ】をナマコの体内で一度発見したことがあるが、どの種類のナマコだったか忘れてしまった。

その後、ナマコはすぐに食べられるようになって今は好物だが、我が家は私以外食べる者がいない。写真のような大量の一袋を買っていっても、処分に困るので買っていかないことにしている。(長期間、酢に漬け込んだものはあまり好きではないから)

| | コメント (4)

2007年2月26日 (月)

鹿

鹿肉の刺身を食べた、というレポートを載せたのですが
リーボーさんという方から以下のようなコメントをいただきました。
知らぬ事とはいえ、ご覧の皆様には間違った情報を書いてしまい
まことに申し訳ありませんでした。

誤解を与えてはいけませんので、レポートは撤収して
リーボーさんの鹿肉の生食についてのご忠告を以下にコピーさせて頂きます。

リーボーさん、ありがとうございました。今後ともいろいろ
教えてください。
---------------------------------------------ここから
はじめまして。ココログから来ました。
野生の鹿の肉にはE型肝炎のウィルスが存在していることがあり、数年前には国内での感染・死亡例が報告されています。 生食用として飼育され、検査を受けて安全を確認されていない場合は、出来るだけ加熱なさった方がよろしいかと思い、コメントさせていただきました。
肝炎の症例については以下のページにあります。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/08/h0801-4.html

投稿 リーボー | 2007年2月26日 (月) 15時53分

| | コメント (4)

2007年2月24日 (土)

マツバガニ

Matsbagani Hガニ(ヒラツメガニ)数匹に混じってマツバガニが売られていた。山陰地方でいう【松葉蟹】はクモガニ科の高級食材で、ズワイガニのことだが、こちらはオウギガニ科のあまり一般には知られていないカニである。かくいう、私も活きているものは初めて見た。

体中に鋭い棘と、黒い剛毛がはえていて、これがマツバガニの名前の由来となったのだろう。

Matsubagani2 一度、話の種に食べてみなければいけないのだが、甲殻類を上手に茹で上げるのは家庭用のガスコンロでは、湯温が下がってしまうのでかなり難しい。ましてや、かなりの大きさなので、水溶性蛋白質が溶け出して、カニ本体より、ゆで汁が美味しくなってしまっては、何にもならないのであきらめた。

| | コメント (0)

2007年2月23日 (金)

海鼠腸

Konowata ナマコを漢字で書くと「海鼠」である。確かに、砂浜の海底にごろんと横たわっている姿は、鼠に見えないこともない。というわけで、コノワタを漢字で書くと「海鼠腸」となる。コノワタはカラスミ、ウニの塩漬けとともに日本の三大珍味だそうだが、正確には肥前のカラスミ、越前の塩ウニ、三河のコノワタだそうで、佐久島のコノワタは将軍への献上品になっていたそうだ。

というわけで、きょうは佐久島のコノワタの登場である。市場で見ていると、コノワタにも「一(いち)のわた」「二(に)のわた」があり、「一のわた」が断然高価である。売っている魚屋のおじちゃんに「どこが違うNamako のか」聞いてみても、明確な答えが返ってこない。「そりゃあ、おまえ大腸と小腸の違いだがん」というようなことも言っていたので、内臓の部位の違いだろうなと、納得してしまった。なあに、こちらもナマコの内臓を理解して聞いてるんじゃないから、別に良いんだよ。

ただ、味と香りにはかなりの開きがあって、「一のわた」の方が鮮烈な磯の香りがあるのに対し、「二のわた」はやや泥臭く感じる。今回は正月も遙かに過ぎてしまったので、「一のわた」でも安価で購入できた。

さて、このコノワタ、日本酒の友に最高なのは分かっているが、一つ試して頂きたいのが、おにぎりである。まずご飯を炊いて、海苔一枚をパリパリに焼く、温かいご飯を海苔にとり真ん中に穴をあけてコノワタをたっぷり、刻んだネギを同じく穴に入れ、醤油をかけてその海苔で包んで、ハイ丸かじり。今回のコノワタは塩加減が甘いので、ご飯に塩を降っておいても良いかもしれない。

ぜひお試しあれ。

| | コメント (5)

2007年2月22日 (木)

Sakura 北からまっすぐに一色中学の正門へ入る道の両側に桜の木が数十本、(距離が長いから100本以上あるのだろうか)植えられている。

まだ植えられて1~2年しか経たないから木の高さは大人の背丈ほどしかない、そのうちの一番南に植えられた数本の蕾がふくらみ始めたと思ったら、花が咲き始めてしまった。

いくら暖冬とはいえ、他の木はまだ蕾が固い。ここの数本だけ、品種が意図的にか、在庫が足らなかったのか、変えてあるのだろうか。

関係者に会ったらぜひ聞いてみたい。ところで、関係者って誰だ?町役場?

| | コメント (2)

2007年2月21日 (水)

トリガイ、美味すぎ

Torigai 実に何年ぶりであろうか、三河湾でトリガイが大漁らしい。私の所へも、分け前が回ってくるのだから、余程のことである。

トリガイを一般的に食べる部位は「あし」と呼ばれる分でそれを開いたものが、するめのような形になっている。茹でるときに、黒い色素を落とさないようにするのが、肝心だというが我々食いしん坊にはそんなことは関係ない。肉厚の茹でたてのものを、ほおばるようにいただく。食感といい、味といい、香りといい、まさしく三河湾の春の味まさしく旬である。

トリガイは旅をしたり、冷蔵すると不味くなる貝である。
ぜひこのシーズンに、一色まで来て購入していただきたい。この貝は、採捕業者から加工業者に回って加工されるので、茹でたては夕方魚屋に出ることになる。電話で確認してから、出かけてきても遅くないので、ぜひどうぞ。

| | コメント (5)

2007年2月20日 (火)

イソヒヨドリ

Isohiyo 防波堤を走っていたら、テトラポットの上にイソヒヨドリがとまっていた。

結構ポピュラーな鳥なんだろうが、私は今までで3回しか見たことがない。おそらく注意力散漫なのだろう。

時々砂浜に降りて、餌を探し、またテトラポットに舞い戻ることを繰り返していた。

ネットで調べてみると、この鳥のファンの方がたくさんおられて、いろいろ研究されているようだ。Isohiyo2

| | コメント (0)

2007年2月19日 (月)

芋焼酎

Choco バレンタインデーにいただいた、なんとこれが「芋焼酎チョコレート」である。

先日、町内の同年代グループと飲みに行き、焼酎の話になった、地元の公務員のおじさんが「昔はスナックに焼酎なんて置いてなかったのに、今は焼酎だらけだ」と言っていたが、実は昭和50年代の初めは焼酎の本場宮崎でも市内のスナックに焼酎は置いていなかったのである。宮崎は、芋焼酎が主流ではなく、20%の米焼酎が一番売られていて、宴会などではそのままお銚子に入れて燗をつけていた。酒屋に行き「酒をくれ」と言えば焼酎が出てくるような土地柄でも、スナックに焼酎は置いていなかった。

それがどうだろうか、最近はどこのスナックでも焼酎のボトルキープは当たり前。おまけに「芋焼酎ブーム」とかで【幻の焼酎】とあおって、えらく高価で売られているものがあると聞く。この風潮は決して芋焼酎のためにはよろしくない。焼酎は庶民の酒であるし、安価でお手頃に酔っぱらえなければいけないのだ。

そして、最近の酒屋に並んでいる芋焼酎の銘柄の多さ、飲む機会があったので何種類かを飲んでみたが、「これが芋焼酎か」というくらい癖がない、つまり誰でも飲みやすい芋焼酎に成り下がってしまったのである、これは決して良いことではない。

庶民は飽きやすい、ただ流行に乗って飲んでいるだけだ、ブームはいつか去る。その時に本当の芋焼酎ファンが残っていてくれるだろうか。強烈な個性のアイラモルトは決して、妥協してないぞ・・・・・とちょっと熱くなってしまった。

チョコレートは、とても甘く、そしてほのかに芋焼酎の香りがした。

| | コメント (3)

2007年2月17日 (土)

恋の季節?

Keri_1 今年は暖冬で、何かと異常気象を報告しなければいけないような雰囲気なので、ちょっとだけ・・・・・

千生新田の防波堤で車を停めてさぼっていたら、ケリがカラスを追い払い始めた。そのうちにヒラヒラと舞い降りてきた(羽根の色のコントラストのせいか、ヒラヒラに見える)タゲリにも襲いかかる、近くに逃げ降りたタゲリには、全力疾走で追い払いにかかった。

ケリが自分の卵を守るために、他の鳥や動物、人間までも追い払うために奇声をあげ襲いかかることは有名だが、例年だと3月の後半に卵を産むことが多い。確かに、その準備でこの麦畑が気に入ったのかもしれないが、それにしても少し気が早いような気がする。

しばらく観察したが、まだ産卵はしていないようだ。翌日も見に行ったが、同じ鳥であろうか、タゲリやツグミまでも追い払っていた。やはり、ここの場所が気に入ったのだろうか、しばらく観察してみなければいけない。

| | コメント (2)

2007年2月16日 (金)

春一番翌日

Amefurasi 春一番より、翌日の西高東低となった返しの風の方がはるかにひどく、あちこちでいろいろなものが飛ばされたり、ビニールハウスが破れたという声を聞いた。

こういう強風の後は、海岸に何か良いものが落ちている事があるので探しに行った。

残念ながら、アオサなどの海藻の切れっ端の上に、アメフラシの死骸が多数落ちているだけ。比較的浅いところで、海藻を食べていて打ち上げられてしまったのだろう。

アメフラシはこれでも、軟体動物で貝の仲間。刺激すると紫色の汁を出すことで有名?である。これが水中では雨雲のように見えるため、アメフラシの名前が付いたという。また、これの卵は「海そうめん」と言って、黄色い麺状、現在ではパスタと言った方が分かりやすいかもしれない。

Amefurasi2 私はアメフラシを一度だけ食べたことがある。友人の結婚式で島根県の松江へ行ったとき、結婚式で出たのではなくその友人のお宅で、結婚式後にいただいた。

うろ覚えだが、茹でたものを酢味噌であえてあった、と思う。味はけっして美味しいものだとは言えなかった。友人のおばあさんが、近くの漁村、御津というところの出身だと聞いたので、その地方では食べる習慣があるのかもしれない。こちらでもたくさん棲息するようだが、食べる気にはならない・・・・・

| | コメント (0)

2007年2月15日 (木)

春一番

Komome 昨日は、日本海の低気圧が発達して進むため、海山とも大荒れで春一番が吹くとの予報であった。ラジオではキャスターが盛んに「春一番とは聞こえは良いですが、災害への警報ですから・・・」と繰り返していた。

それが聞こえたのか、一色漁港のカモメたちは朝から陸に上がって、突風への準備。頭を風上の南へ向けて構えている。

幸いなことに、この地区では大きな被害はなかったが、どこかのスキー場では雪崩が起こり、亡くなった方もおられたようだ。雪不足の今季に雪で亡くなるなんて・・・・・と、ちょっと不謹慎な考えを持ってしまった・・・・・。

| | コメント (3)

2007年2月13日 (火)

三河湾徘徊記

花も鳥も海岸も、ひとまとめで「自然」のカテゴリーに入れていましたが、思い切ってカテゴリーを増やして、分けてみることにしました。植物は「木」と「草花」「帰化植物」に分けてあります。一色町に多い「帰化植物」は「草花と」重複しているものが多いです。

魚は今まで、ほとんど「グルメ・クッキング」に入れていましたが、「魚介類」と重複させていくことにしました。

「鳥」も増えてきたので、独立したカテゴリーに入れましたが、これも「自然」と重複させ、ほかのつれづれの話題とも重複させています。

どのカテゴリーも、専門の勉強をしてきたものではありませんので、発言には自信がありません。どうか、いろいろなところで裏付けを取って、ご確認ください。

今後も、場合によってはカテゴリーを細分する可能性がありますが、原則として今入っているカテゴリーも残しますので、移動してしまうことはありません。カテゴリーを細分化することによって、「マイ・フォト」の機能も持たせることが出来ると思っています。

認知症間近の、おじさんが運営しているブログですので、また間違いがあったら教えていただけると有り難いです。では、今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (7)

2007年2月12日 (月)

イイダコ

Iidako おばちゃんが、「イイダコがあるから買っていって」というので、何となく衝動買いをしてしまった。

イイダコの「いい」は「飯」であり、それが産卵期前の卵だという程度の知識はあったが、それがイイダコという種類だとは、恥ずかしながら知らなかった。

塩でもみながら洗っていると、腕の付け根にオレンジ色の環が見えるが、これがイイダコの特徴だという。

「茹でておけば、おでんや唐揚げ、何にでも出来るでね~」と言われたので、素直に茹でておくことにした。量が多いので、一度にお湯の中に入れてしまうと、湯温が下がってしまう。少量ずつ茹で上げた。

大ぶりのものは、茹でたものをそのままぶつ切りにして、わさび醤油でいただいた。中間サイズは里芋と煮てもらい、小降りのもの全てをおでんに入れた。「飯」はまだ入っていないものが多かったが、肝の味がとても濃厚で美味しく、家族全員であっという間にいただいた。

| | コメント (7)

2007年2月10日 (土)

ひょんころの木

Isunoki2 このイチジクを干したような形のものが何かお分かりになるだろうか?これは、一色の方々がよく生け垣にして「ひょんころの木」と呼ばれて親しまれている木の枝にできる虫こぶ(虫えい)というものである。

ネットで調べていただければ分かるが、アブラムシの仲間が入り込むことによって、このような虫こぶができるのだという。

他にも葉っぱにこのような虫こぶができているのをよく見かける。この木はアブラムシに狙Isunoki1 われているようだ。

上の実のような虫こぶは、虫が出た後の穴を吹くと笛のように音がすることから「ひょん」の木と呼んだと、あちこちに書いてあるから、ここ一色町でもそれがなまって「ひょんころの木」となったのではないだろうか?

ところで、この木の本当の名前は「イスノキ」という。本当の名前を知っている人はほとんどいないだろうが、木を見れば誰でも知っている木である。

| | コメント (2)

2007年2月 8日 (木)

イシガレイ

Ishigarei 「子を放した(産卵)後のイシガレイは不味い」と一緒に働くO氏に言われていた。事実、産卵後と思われる、活かしのイシガレイが出ていることがあるが、身がやせ細ってとても美味しいとは思えない。

しかし、このイシガレイは結構厚みもあって、もしかしたら美味しいかもしれないと、スケベ心で購入。

両目のある側に大きな鱗が変化したタイルのようなものが、イシガレイの「石」の由来だそうで、包丁で削ぎ落とした。結構取りにくい。

調理は、煮付けと唐揚げにしてもらった。味は・・・うぅ~ん、けっして不味くはないのだろうが、脂の乗りが少し足らないか。皮はゼラチン状でとても美味しかった。
このバットの幅が36cmだから、2尾で1000円はやや高いかもしれないが、勉強になった。

Ichiba2007 2007年1月~4月の一色市場の休業日を貼っておく。
(画像をクリックすると大きくなるよ)

| | コメント (4)

2007年2月 7日 (水)

野菜

一色の町を巡回していると、非常にありがたいことにあちこちで手作りの野菜をいただく。しかも、今年は天候が温暖で野菜の出来がよいので、いかにも申し訳ないように「野菜、食べる・・・?」と言ってくれるが、こちらでは日々食べるものは全部買わなければいけないので、ありがたく恐縮しながらいただく。
Yasai この日は、キャベツ・大根・ブロッコリー・人参・みかん・伊予柑をいただいた。

野菜を積んで走っていると、ラジオで渥美半島のキャベツ農家のおばちゃんが、出演していて、面白いことを言っていた。

愛知県がキャベツの生産高では一番であるということは推測できたが、日本が世界の中で一番キャベツを消費するというのだ。
以下、国民一人あたりのキャベツの年間消費量。
1.日本  13kg
2.ドイツ  11kg
3.イギリス 7kg
4.フランス 4kg

帰ってから、事務所でこの話をしたら「トンカツのなどの付け合わせ・・・」「お好み焼きがブームだから・・・」はたまた「焼鳥屋で無料ででていた・・・」などと、喧々囂々。そのうちに、千切りキャベツには何をかけて食べるかという話になっていった。私はマヨネーズプラストンカツソース、あなたは何派?

| | コメント (5)

2007年2月 6日 (火)

横取り

Yokodori1 立春を越えたとはいえ、一年では一番寒い季節だが、きょうは最高気温が17度と、本当に春のような穏やかな日であった。

昼前にお客様からメールが入ったので、返事を打ちに新しい一色港の埠頭で車を停めた。港の中では、小型のユリカモメ、大型のセグロカモメが浮かんでいる。所々にカワウが、朝食をあさっているのが見えるが、なにやら時々騒がしくなるのYokodori2 で、双眼鏡を出して観察してみた。

すると、カモメたちはのんびりと海に浮かんでいたわけではなく、カワウが潜って捕ってくる魚を横取りしようと待ちかまえていたのだ。しかも、よく見ていて、魚をくわえて上がってきたときにしかカワウを襲わない。この写真のカワウは、セグロカモメに魚を横取りされてしまった。

カワウも、捕った魚を水中で飲み込むわけにもいかないらしく、ほとんどの魚を横取りされている。いったい、どれだけの長い年月このようなことが行われているのだろうか・・・いやいや、生物の世界では人間の考え及ばない事によって、いろいろなことが繋がっているのかもしれない・・・・・・

Yokodori3 ところで、カワウが捕ってきた魚は何だろうかと、拡大してみた。

どうやら、これはメゴチの仲間のようだ。ということは、海底まで潜っているということか?

| | コメント (6)

2007年2月 5日 (月)

立春

Nihonsyu というわけで、昨日は立春。日本酒にもこのような売り方があるのを初めて知った。

立春の朝しぼった日本酒を、神社でお祓いを受けた後に、同じくお祓いを受けた福豆と、福銭などをセットにして予約募集しているというので、買ってもらうことにした。酒蔵は愛知県では有名な蓬莱泉と静岡県島田市の若竹、どちらも純米吟醸、生原酒とラベルに記してある。縁起を担ぐわけではないが、こういったイベントは面白くてのる方だ。いやいや、酒が飲めれば何でも良いのだろう、という声が聞こえそうだが・・・・・・・

Namagaki もちろん、生牡蠣からいただいた。広島の海水の塩辛さと、牡蠣のグリコーゲンの甘さのバランスが絶妙かつ、最高の味である。飲み込んだ後の鼻に抜けるフレーバーは、瀬戸内海の磯の香り。もういくつでも食べられる。

家族の前で牡蠣の講釈を言いながら飲んでいたら、ついつい飲み過ぎてしまった。

| | コメント (2)

2007年2月 4日 (日)

西沖水産

Nishioki 人に勧めてもこれだけは間違いない、というものは滅多にないが、ここの牡蠣だけは本当に誰に送っても、誰に勧めても間違いのないものである。

ひょんなことから、ここの奥様の【こまいかき】さん(ハンドルネーム)と知り合って、小さい牡蠣(こまいかきと言うんだそうだ)をいただいたことから、こちらの牡蠣の虜になってしまった。

http://www.nishiokisuisan.com/以前、養殖真珠にも作り手の個性が出ると言ったが、当然このような養殖牡蠣でも、誰がやっても同じようにはいかないだろう。海は数メートル離れただけで、条件が違い数十センチ深さが違っても餌料プランクトンの濃度が違ってくるのだ。スタッフの皆様の、牡蠣養殖へのまじめな取り組みがうかがい知れる。そういえば、以前朝日新聞でもこの西沖水産が紹介されていた。

誰がいつ食べても、「当たりはずれがない」という。西沖水産の牡蠣を、今期初めて取り寄せてみた。ここの牡蠣には数件のファンがいるので、早速お裾分けをしてきた。持っていったときの、みんなの嬉しそうな顔、そうみんな食いしん坊なのだ。本当はあまり宣伝はしたくなかった、それでなくてもいつも品切れの状態に近いからだ。

年末にはノロウィルスの風評被害があったのかもしれないが、そんなことには負けないで毎年美味しい牡蠣を作ってもらいたい。そして、これから春にかけてさらに美味しくなる牡蠣も楽しみにしている。

きょうは立春、新春初しぼりの「蓬莱泉」で春を満喫しよう。

| | コメント (0)

2007年2月 2日 (金)

ヤドリギ

Yadorigi1 矢作古川の河口近くに大きなエノキがあり、そこが一色町では数少ない(であろう)宿り木の観察が出来る場所だ。ご存知のように、ヤドリギは落葉樹に寄生するわけだから、この冬の時期が観察するには適している。ただ、通常かなりの大木のしかも高いところに着生しているため、手に取ってみることが出来ないのは残念である。

ここへ来てみると、あきらかに昨年より減っている。人間が採る理由もないから、枯れてしまったのか、写真に撮った一本だけが常緑の葉を茂らせている。このように宿主の葉が落ちても、青々と葉を茂らせるヤドリギを見た昔の人は、その生命力にあやかろうとしたという。

ヤドリギの実を食べ、種子を運んでくれる鳥として、レンジャクの仲間が有名だが、私はまだ見たことがない。ここにあるヤドリギもレンジャクが発芽のお手伝いをしたのだろうか、興味は尽きない。

当然、ヤドリギは挿し木や種まきで増やすことは出来ないが、庭の梅やケヤキなどへは種を付着させることによって、発芽させられるらしい。

Yadorigi2 ただし、目に見えていてもどうやって、この果実(種子)を手に入れるかが問題である。

| | コメント (5)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »