« 桜 | トップページ | マツバガニ »

2007年2月23日 (金)

海鼠腸

Konowata ナマコを漢字で書くと「海鼠」である。確かに、砂浜の海底にごろんと横たわっている姿は、鼠に見えないこともない。というわけで、コノワタを漢字で書くと「海鼠腸」となる。コノワタはカラスミ、ウニの塩漬けとともに日本の三大珍味だそうだが、正確には肥前のカラスミ、越前の塩ウニ、三河のコノワタだそうで、佐久島のコノワタは将軍への献上品になっていたそうだ。

というわけで、きょうは佐久島のコノワタの登場である。市場で見ていると、コノワタにも「一(いち)のわた」「二(に)のわた」があり、「一のわた」が断然高価である。売っている魚屋のおじちゃんに「どこが違うNamako のか」聞いてみても、明確な答えが返ってこない。「そりゃあ、おまえ大腸と小腸の違いだがん」というようなことも言っていたので、内臓の部位の違いだろうなと、納得してしまった。なあに、こちらもナマコの内臓を理解して聞いてるんじゃないから、別に良いんだよ。

ただ、味と香りにはかなりの開きがあって、「一のわた」の方が鮮烈な磯の香りがあるのに対し、「二のわた」はやや泥臭く感じる。今回は正月も遙かに過ぎてしまったので、「一のわた」でも安価で購入できた。

さて、このコノワタ、日本酒の友に最高なのは分かっているが、一つ試して頂きたいのが、おにぎりである。まずご飯を炊いて、海苔一枚をパリパリに焼く、温かいご飯を海苔にとり真ん中に穴をあけてコノワタをたっぷり、刻んだネギを同じく穴に入れ、醤油をかけてその海苔で包んで、ハイ丸かじり。今回のコノワタは塩加減が甘いので、ご飯に塩を降っておいても良いかもしれない。

ぜひお試しあれ。

|

« 桜 | トップページ | マツバガニ »

コメント

おお~~~究極グルメ。
試してみたいなぁ~~~。
このわたにぎり。

投稿: 秀子 | 2007年2月23日 (金) 23時00分

昨年、長兄の家で飲み会があり海鼠腸をしっかり食べたら、しっかり嘆かれました。
「俺がチビチビ食べてるのにこんなに食べちゃった・・・」ってね(笑)
旨いものは旨いし食が進みます。

投稿: 北割H | 2007年2月23日 (金) 23時33分

ははは、しっかり食べてください。

もうそろそろ「海鼠子」も出てくる頃ですね。
これを干した「バチコ」が最高です。
一度皆様に食べて頂きたいのですが、手に入りません。

投稿: からっぽ親父 | 2007年2月24日 (土) 06時25分

強い磯の香り!癖になりそうです
飲みすぎたらからっぽ親父さんのせいです(笑)

投稿: 北割H  | 2007年2月24日 (土) 22時13分

確かにこのわたは日本酒と合いますね。
コノワタ酒も美味しいですから試してくださいね。(きょうやろうっと)

我が家は「鹿の刺身」でした。
あとでブログに書きますね。

投稿: からっぽ親父 | 2007年2月26日 (月) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜 | トップページ | マツバガニ »