« イイダコ | トップページ | 春一番 »

2007年2月13日 (火)

三河湾徘徊記

花も鳥も海岸も、ひとまとめで「自然」のカテゴリーに入れていましたが、思い切ってカテゴリーを増やして、分けてみることにしました。植物は「木」と「草花」「帰化植物」に分けてあります。一色町に多い「帰化植物」は「草花と」重複しているものが多いです。

魚は今まで、ほとんど「グルメ・クッキング」に入れていましたが、「魚介類」と重複させていくことにしました。

「鳥」も増えてきたので、独立したカテゴリーに入れましたが、これも「自然」と重複させ、ほかのつれづれの話題とも重複させています。

どのカテゴリーも、専門の勉強をしてきたものではありませんので、発言には自信がありません。どうか、いろいろなところで裏付けを取って、ご確認ください。

今後も、場合によってはカテゴリーを細分する可能性がありますが、原則として今入っているカテゴリーも残しますので、移動してしまうことはありません。カテゴリーを細分化することによって、「マイ・フォト」の機能も持たせることが出来ると思っています。

認知症間近の、おじさんが運営しているブログですので、また間違いがあったら教えていただけると有り難いです。では、今後ともよろしくお願いいたします。

|

« イイダコ | トップページ | 春一番 »

コメント

三河湾東部の海岸で昔採取されていたハマグリの殻を調べている最中です。縄文時代と江戸時代の別々の時期の貝殻を山のように送ってもらいました。泥だらけの貝殻数千個を洗ってきれいにしたところです。

少し前に三河湾でハマグリが見つかったというようなニュースがありましたが、最近何か情報はありませんか。市場に出るまで回復するのはまだ先のこと、あるいは難しいかもしれませんが、現地の水産情報に詳しい親父さんを当てにしていますので、よろしく。

投稿: beachmollusc | 2007年2月13日 (火) 08時35分

この辺から、遠州近辺は貝塚の多いところです。
子供の頃、そういったところが好きで、見学に行ったものです。
貝殻は、先日拝見しました。しっかり残っているものですね。
貝塚は言ってみれば、その当時のゴミ捨て場ですから、食習慣やその頃の生活がいろいろ想像できて面白いですね。

三河湾でも環境さえ整えば、ハマグリが増えてもおかしくないわけですね。
楽しみにしています、でも無理かな・・・・・

投稿: からっぽ親父 | 2007年2月14日 (水) 13時36分

貝殻を4000個ほど洗って、歯ブラシ3本つぶしました。江戸時代の殻で二枚合わせが400以上できました。予想を上回るよいサンプルでした。
当時はハマグリで年貢を納めていたそうです。
未成熟の小さい貝が大多数なので驚きました。

縄文時代のサンプルも100近くマッチしています。
こちらは大きいものが中核をなしていました。

時代の変化が貝殻に出ているかどうか、これから時間をかけて調べます。

投稿: beachmollusc | 2007年2月15日 (木) 19時15分

三河産のハマグリの殻から昔は白の碁石が作られていたという情報を見たことがあります。
内湾のハマグリは大きくなっても厚みが不足するので、碁石つくりには向いていないでしょうから、遠州灘側のチョウセンハマグリが使われていたかどうか気になっています。この貝は分布しているはずですが、市場には出てきませんか。

投稿: beachmollusc | 2007年2月16日 (金) 09時10分

子供の頃、ハマグリといえば浜名湖のハマグリが多かったですね。遠州灘外洋では二枚貝を専門に採っている漁師さんはあるのでしょうか?

二十年ほど前に、その外洋で「ハタミ」と呼ばれる二枚貝が大繁殖したそうです。素人さんも一敗採りに行って、海岸は屋台が来るほど大にぎわいだったそうです。

いったい何という貝だったのでしょうね~。

三河湾ではアサリ採りの漁師さんも知っていますから、また聞いておきますね。

投稿: からっぽ親父 | 2007年2月16日 (金) 13時32分

昔の文献や資料を調べて、(かつての)ハマグリの産地をリストアップしてみました。浜名湖の内側にてハマグリ、外海側でチョウセンハマグリが漁獲されていたことは記録があります。

先年、大津波にあったインドの研究者を案内して海岸めぐりをした際に、静岡県の防災関係者と情報交換したのですが、浜名湖の内側の浅瀬などでアサリの潮干狩りのシーズンで人が多いときに南海地震津波が発生したら避難できるのでしょうかと質問しました。その返事は想像通りでした。

投稿: beachmollusc | 2007年2月17日 (土) 08時53分

今年の三河湾は、何年ぶりかでトリガイが獲れているとか、大量に積んだ軽トラックが町内を走っています。

浜名湖の潮干狩りは、ほとんどのところが干潮の際に干上がる中州のような場所へ船で連れて行ってくれます。したがって、地震があってから避難するのは大変難しいでしょうね。

投稿: からっぽ親父 | 2007年2月19日 (月) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イイダコ | トップページ | 春一番 »