« 三河湾徘徊記 | トップページ | 春一番翌日 »

2007年2月15日 (木)

春一番

Komome 昨日は、日本海の低気圧が発達して進むため、海山とも大荒れで春一番が吹くとの予報であった。ラジオではキャスターが盛んに「春一番とは聞こえは良いですが、災害への警報ですから・・・」と繰り返していた。

それが聞こえたのか、一色漁港のカモメたちは朝から陸に上がって、突風への準備。頭を風上の南へ向けて構えている。

幸いなことに、この地区では大きな被害はなかったが、どこかのスキー場では雪崩が起こり、亡くなった方もおられたようだ。雪不足の今季に雪で亡くなるなんて・・・・・と、ちょっと不謹慎な考えを持ってしまった・・・・・。

|

« 三河湾徘徊記 | トップページ | 春一番翌日 »

コメント

我が家の被害、犬を飼っているサークルの屋根が飛びトタンのボードが外れたため飼い犬がにげだした、屋根の瓦が2~3つ落ち、割れました。
この2つ位と落ちた瓦につまずいて足の甲をぶっつけたことですね~。 
とにかくすごい風でした、勤務先の飯田市では風雪がすごかったですよ、流れ旅まではいかなかったですが・・・。

投稿: 北割H | 2007年2月15日 (木) 22時50分

それはそれは、結構大荒れだったんですね。
こちらでは、春一番より翌日の返しの風がひどく
あちこちビニールハウスが破れたようです。

>飯田市では風雪がすごかったですよ

不謹慎ながら、ゆっくり見てみたいです。

投稿: からっぽ親父 | 2007年2月16日 (金) 13時23分

瞬間最大風速、31.2mだったみたいです、工場のトタン屋根も吹き飛ばされたとのこと、久しぶりに大風を味わいました。

投稿: 北割H  | 2007年2月16日 (金) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三河湾徘徊記 | トップページ | 春一番翌日 »