« 恋の季節? | トップページ | イソヒヨドリ »

2007年2月19日 (月)

芋焼酎

Choco バレンタインデーにいただいた、なんとこれが「芋焼酎チョコレート」である。

先日、町内の同年代グループと飲みに行き、焼酎の話になった、地元の公務員のおじさんが「昔はスナックに焼酎なんて置いてなかったのに、今は焼酎だらけだ」と言っていたが、実は昭和50年代の初めは焼酎の本場宮崎でも市内のスナックに焼酎は置いていなかったのである。宮崎は、芋焼酎が主流ではなく、20%の米焼酎が一番売られていて、宴会などではそのままお銚子に入れて燗をつけていた。酒屋に行き「酒をくれ」と言えば焼酎が出てくるような土地柄でも、スナックに焼酎は置いていなかった。

それがどうだろうか、最近はどこのスナックでも焼酎のボトルキープは当たり前。おまけに「芋焼酎ブーム」とかで【幻の焼酎】とあおって、えらく高価で売られているものがあると聞く。この風潮は決して芋焼酎のためにはよろしくない。焼酎は庶民の酒であるし、安価でお手頃に酔っぱらえなければいけないのだ。

そして、最近の酒屋に並んでいる芋焼酎の銘柄の多さ、飲む機会があったので何種類かを飲んでみたが、「これが芋焼酎か」というくらい癖がない、つまり誰でも飲みやすい芋焼酎に成り下がってしまったのである、これは決して良いことではない。

庶民は飽きやすい、ただ流行に乗って飲んでいるだけだ、ブームはいつか去る。その時に本当の芋焼酎ファンが残っていてくれるだろうか。強烈な個性のアイラモルトは決して、妥協してないぞ・・・・・とちょっと熱くなってしまった。

チョコレートは、とても甘く、そしてほのかに芋焼酎の香りがした。

|

« 恋の季節? | トップページ | イソヒヨドリ »

コメント

その通りであります、実に癖の無い焼酎成り下がってしまったのです。実名を挙げれば薩摩白波、初めて飲んだ時には何と臭いと思ったのであります、今や癖の無い焼酎ばかりですね~。
焼酎いや酒ももっと癖のあるものを欲しいです。

投稿: 北割H | 2007年2月19日 (月) 21時11分

うっふふ、さすが「敬酒愛食」のお二人
おっしゃる事が渋いです。

からっぽ親父さま焼酎入りチョコの
正直な感想はどうでしょうか?
やっぱり邪道か?

投稿: 秀子 | 2007年2月20日 (火) 09時25分

昨夜、大分の友人と一杯やったのですが、同じことを言っていました。今住んでいる家のお隣が酒屋さんで、いろいろ珍しい焼酎が入るんだそうです。彼女、原価でない酒は買わない主義だとか・・・

秀子さん、このような遊び心は大好きです。
「芋焼酎」というのが良いですね。
他の焼酎では、あまり感動がありません。

投稿: からっぽ親父 | 2007年2月20日 (火) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恋の季節? | トップページ | イソヒヨドリ »