« 明日は春分の日 | トップページ | タカアシガニ »

2007年3月21日 (水)

柿の葉寿司

Kakinohazusi 春らしいお寿司が届いた、奈良は吉野の名物「柿の葉寿司」である。が、今回は熊笹で鮭寿司を巻いたもの(一番上)マダイ寿司を桜の葉で巻いた桜寿司、おぼろ昆布で巻いた山菜寿司も入っている。そして一番下が鯖寿司を柿の葉で包んだ、柿の葉寿司である。

どの魚も実に味があって、噛んでいると魚のアミノ酸がしっかり口中に広がる、実に大人の味である。特に皮のある鯛や鯖は味わい深い。繰り返すが、ガキどもに喰わすにはもったいない。通常は焼酎を飲んでいるが、帰り道にある「やっこ酒店」で美味しい日本酒を教えてもらい購入したのである。

本来、吉野では柿の青葉が茂る初夏が柿の葉寿司のシーズンだそうだが、最近では葉を保存しておくのだろう年中食べられて嬉しい。しかも、秋にはきれいに紅葉した柿の葉で作るバージョンもあって、これまた目でも楽しめて嬉しいのだ。

今回の桜寿司、昨日までの寒さを忘れるほど、桜の葉の香りが素晴らしい。一足先に桜が咲いたようだ。

|

« 明日は春分の日 | トップページ | タカアシガニ »

コメント

>実に大人の味である。特に皮のある鯛や鯖は味わい深い。繰り返すが、ガキどもに喰わすにはもったいない。
 パチパチ!美味しい鮨でも回転鮨でも一緒に思っている、なんともイヤハヤであります。

投稿: 北割H | 2007年3月23日 (金) 22時30分

高知に出かけるため、大分県の佐伯でフェリーに乗りました。その佐伯の旧弥生町の道の駅で柿の葉寿司を売っていたので、買ってお弁当にしました。サバとサケ、そしてアナゴの3種類ありました。

日本海に出かけた時に食べた焼きサバ寿司がうまかったのですが、これと柿の葉とをドッキングしたら、とても良いかもしれないという気がしました。つまり、焼きサバ柿の葉寿司です。

投稿: beachmollusc | 2007年3月24日 (土) 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日は春分の日 | トップページ | タカアシガニ »