« 遠州三山 | トップページ | 油山寺 »

2007年5月14日 (月)

可睡齋

Kasuisai1【可睡齋】は地元ではお可睡と親しみを込めて呼ばれている。

私が子供の頃から境内で咲くボタンの花が有名であったが、最近では百合の花も有名らしく、花の季節には善男善女で賑わうらしい。

【可睡齋】は曹洞宗の名刹として有名だが、明治時代に秋葉山から秋葉山三尺坊大権現の御真体が遷座されて祀られている、とのことで、それがこちら。
Akiha

故事来歴については、http://www.kasuisai.or.jp/こちらを見ていただくと分かりやすいと思うが、いまいち理解しがたいのが、秋葉神社との関係。俗世間での本家と元祖の争いのようなことはないのだろうか、と心配してしまう。

ここ一色町では、町内の役員さんが代表して火防のお札をもらいに行くのだが、それは秋葉神社。刈谷市の私の住んでいるところでは、ここ【可睡齋】へ来ることになっている。

|

« 遠州三山 | トップページ | 油山寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遠州三山 | トップページ | 油山寺 »