« ノドグロ | トップページ | オオコシオリエビ »

2007年6月19日 (火)

鹿の干し肉

Hoshiniku 以前、この場で鹿肉の生食はE型肝炎に感染するおそれがあるということを教えて頂いたので、冷凍保存してある鹿肉を薄く切り、干し肉を作ってみた。

梅雨時期の気まぐれな天気に作らなくても良さそうなものだが、年をとると思い経ったときにやらないと気が済まなくなっているので困ったものだ。

薄く切るといっても、野生の鹿のこと筋が多く、筋節というのだろうか、筋にくるまった筋肉の単位に別れるので、それを開くようになるべく薄く切った。この方が面積が大きくなって見栄えがよいと思ったからだ。味付けは例によって醤油と胡椒のみ(それしかないから)。

悪運が強いのか、梅雨の中休みが2日あり、見事にカチカチに干し上がった。早速焼いてもらったが、牛肉のような匂いは全くなく、とても良い味である。当然のことだが、歯の悪い人には食べられない・・・・・私、歯だけは丈夫なのだ。

|

« ノドグロ | トップページ | オオコシオリエビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノドグロ | トップページ | オオコシオリエビ »