« ブタナ | トップページ | 続・オオホモラ »

2007年6月 8日 (金)

オオホモラ

Homola2 オオホモラと聞いて普通の方は何を想像するだろうか。

このカニをすぐに思い浮かべる方はかなりの水族館通か甲殻類オタクであろう。美味しいという話は聞いたことがないので、けっしてグルメではない・・・と思う。

ホモラの名前はホモラ科(HOMOLIDAE)のホモラなどの属名(Homola)から来ているようだが、このオオホモラの属名はPalomolaで厳密に言えば、ホモラではなくパロモラもしくはパロモーラであろう。
Homola1 この100円ショップで買ったトレイの大きさが、横35cmだから脚の大きさだけはけっこうなものだ。活かしだったので当然生きていたが、速やかにゆでてしまった。

600円、さて高いか安いか・・・

|

« ブタナ | トップページ | 続・オオホモラ »

コメント

突然失礼します。

オオホモラって、一色で売られている事がまれにあると聞いた事がありますが、一色で実際に売られている所は見た事がありません。オオホモラは水族館では時々見かけます。
イガグリガニが売られている所は見た事がありますが。

オオホモラを食べてみると、結構美味との事ですが、知りませんでした。
別のオオホモラ試食記には不味いと書いてありました。

ミルクガニ食べた事があるそうですね。
自分も今年4月、焼津の長谷川さんに直々に食べさせていたたきました。

投稿: &oh | 2007年8月17日 (金) 23時29分

&ohさん、いらっしゃいませ。

焼津の長谷川さんの所へ行ってきましたかぁ~。
気の良いご一家ですから、サービスしてくれたでしょうね、焼津弁丸出しで。

オオホモラはこちらでも滅多に揚がってないです。イガグリガニが10回見られれば、オオホモラは1回か2回くらいですね。

私の場合は美味しかったですよ。
甲羅の内側が少し不気味でしたけど。味噌を美味く食べるためには茹でるより蒸した方がよいかもしれません。鮮度の問題も大きいかもしれません。私が手に入れたものは生きていましたからね。甲殻類ではこの差は大きいと思います。

それと、足に身がびっしり詰まっていましたから時期も良かったのでしょうか。

一色へ来られるようなら、ぜひご一緒しましょう。昨日もhttp://www.geocities.jp/gtsfp998/index.htmlの作者、Hさんとおしゃべりしていました。

投稿: からっぽ親父 | 2007年8月18日 (土) 06時43分

今日蒲郡で生きたオオホモラを見て来ました。

ところでこのブログをうちのブログのリンクに入れてよろしいでしょうか?

投稿: &oh | 2007年8月19日 (日) 23時09分

そうですね、イガグリガニ、オオホモラ、タカアシガニなんてのは食卓向けではなくて水族館向けですね。

リンクは、こんなブログで良かったらいつでもどうぞ。

投稿: からっぽ親父 | 2007年8月20日 (月) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブタナ | トップページ | 続・オオホモラ »