« 土用丑間近 | トップページ | 昨日の続き »

2007年7月31日 (火)

2007万燈本番

Mando1 万燈祭を構成するのは、いくつかの万燈はもちろんのこと、先頭の高張り提灯、山車と呼ばれる太鼓を載せた囃子台があり、(これには角万燈とその上に傘鉾が取り付けられている。)Mando2 町内を練り歩く。

しかし、祭上はなんの関係もないのだが、真夏の祭典で、しかも若い衆が踊りまくり跳ねまくるので、水分や塩分の補給は欠かせない。しかも、現在の万燈は夜間バッテリーの灯りで美しい光を発しているので、その補給のバッテリーも欠かせない。

そこで各町、世話人さんと呼ばれる町内の役員さんが万燈行列の後ろに待機してリヤカーに全ての機材や資材を積んで、若い衆の安全につとめている。そして、今年の広五のリヤカーは大笑い。なんと、暖簾や提灯が付いた屋台風になっているのである。(上の写真製作者のHさん)これは、大受けすること間違いなしと写真を撮らせてもらった。
Mando3 出発前には若衆頭からみっちり礼儀やマナーに対して注意が促される。

Mando4 さ~て、町曳きに出発、きょうは風が強くて大変だ。

夜にまた見学に来るね。

|

« 土用丑間近 | トップページ | 昨日の続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土用丑間近 | トップページ | 昨日の続き »