« スズメガ | トップページ | 今週の市場 »

2007年9月12日 (水)

豊川稲荷

Toyokawainari1 一色町から車で一時間ほど走ると、商売繁盛で有名な豊川稲荷がある。この辺の商売をやっている方、自営業の方は正月に必ずお詣りして、自分の仕事が上手くいくようにお祈りをしてくる。

私も真面目にお詣りに行かなければいけないのだが、なにせ人混みが嫌いなのでこんなに季節はずれに「初詣」ということになってしまった。

Toyokawainari2 俗に三大稲荷神社として名前を挙げているのは全国に数多くある。京都の伏見稲荷、佐賀の祐徳稲荷、茨城県の笠間稲荷、そしてここ豊川稲荷が有名だが、ここ豊川稲荷は曹洞宗の寺院である。

明治以降のこのお寺と神社の関係というものは、実のところいろいろな勉強をしなければ理解できないものがあるのではないだろうか。私のようないい加減な人間は、この辺の所をあまり厳密に分けなくても面白いと思ってしまうが、罰当たりなのだろうか。それ以前は、神も仏も狐もぜ~んぶひっくるめた【稲荷信仰】だったはずだけど・・・・・

もちろんケチを付けているわけではない、永平寺でいただいた小さな数珠を片手に境内をゆっくり散策し、神妙に【家内安全】【商売繁盛】をお願いしてきた。Toyokawainari3

ちなみに、神社としてのお稲荷さんの系統つまり稲荷神社、稲荷社は全国で三万二千社、名もない小社を含めれば四万とも五万とも言われるそうだ。

戸部民夫:日本の神様がよくわかる本:PHP文庫を引用しました。

|

« スズメガ | トップページ | 今週の市場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スズメガ | トップページ | 今週の市場 »