« チカメキントキ・2 | トップページ | 季節感 »

2007年10月19日 (金)

イトヒキアジ・2

Itohiki1 比較的大きなイトヒキアジが出ていた。といっても、これでまだ幼魚といったところ、背鰭としり鰭が引きずるように長い。

Itohiki2 一回り小さいメイタガレイ1尾とセットで300円。鮮度にやや不安があったものの、イトヒキアジは刺身に挑戦、メイタガレイは皮をむいて干物にしてしまった。

イトヒキアジを三枚におろしてみたが、以前塩焼きで食べたときに言ったように、やや固い感じがする。私のような下手くそがやっても、身崩れなど全くないのだ。ただ、皮を引くときに、ズルッと上手に引くことができずに、実に皮が残ってしまう。

Itohiki3 身は真っ白とも言える色で、やはり固いような感じ。食べてみると、こりこりという感じとはまた違う、つるんとした食感である。味は結構あると思うのだが、癖もややあるような気がする。

まあ、あまり美味しいとは言えないのが感想である。

|

« チカメキントキ・2 | トップページ | 季節感 »

コメント

確かに皮は引き難い。

直七か、ブシュカンでも絞って食べたら、結構美味しい。

投稿: こびんす | 2007年10月19日 (金) 22時50分

昨日、違うアジ科の魚を食べてみましたが、確かに柑橘酢は良く合うでしょうね。
それと、ショウガ醤油の方が美味しくなると思います。

違うアジ科の魚はまたここでアップします。

投稿: からっぽ親父 | 2007年10月20日 (土) 07時56分

生姜醤油は生臭い、はがつお・かつおだけと思っていました。
ためしてみます。

投稿: こびんす | 2007年10月20日 (土) 22時14分

鯵の刺身やたたきも生姜が良く合いますからね。
美味しいですよ、高知県ではイトヒキアジは結構ポピュラーな魚なんですか?

というか、一色で揚がることが不思議な気がしますが・・・・・

投稿: からっぽ親父 | 2007年10月21日 (日) 05時08分

イトヒキアジは宿毛、室戸、須崎直送の魚屋にあるだけで、一般には出回っていません。
だから、生姜醤油はまだです。

投稿: こびんす | 2007年10月23日 (火) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174130/16807515

この記事へのトラックバック一覧です: イトヒキアジ・2:

« チカメキントキ・2 | トップページ | 季節感 »