« 森の石松のお墓 | トップページ | チカメキントキ »

2007年10月12日 (金)

海岸での拾いもの

Sunameribone 涼しくなってきたので、ちょっとだけウォーキングを始めた。

朝は仕事で忙しく、夜は晩酌で忙しいので、どうしても一番暑い時間に歩かなければいけない、というわけで真夏では遭難してしまうかもしれないのだ。

また日中歩くというのは勇気がいることで、汗をかいて真剣に歩いている姿を、あまり知人に見られたくないという心理が働く。
Sunameribone1 そこで選んだのがこの海岸。以前、カシパン類の殻を拾った海岸で、干潮の時には一番下、満潮の時にはその上、と車が走る部分を除いても3カ所の道があり、しかもほとんで人に見られない。

車を停めた場所から、先端の小さな灯台往復で3kmを38~36分で歩くことができたが、次第に疲れがたまってきた。

昨日、砂浜に降りるところがあるので、そこを歩いていたらゴミの中に、なにやら動物の骨が見える。
Sunameribone2 腐敗臭はしないが、気になったので引きずり出してみたところ、これはスナメリの頭骨ではないか???鼻の穴らしき空間がかなり頭頂部に近いところに見える。まだ皮のようなものも残っていて、右側に見えるものは鰭のようだ。

そういえば昨年の秋も、スナメリの死体を拾って科学博物館へ連絡したのだった。こういった海獣の死骸は私有することが許されていない。発見した場合は、所定の所(市町村でも良いらしい)へ連絡して、その後愛知県なら南知多ビーチランドが調査をすることになっている。(続く)

|

« 森の石松のお墓 | トップページ | チカメキントキ »

コメント

おぢさん、おはようございます。
おぢさんのブログは写真が綺麗で楽しいですね。

スナメリは今も泳いでいるんでしょうか?
海の生物が安心?して暮らせる地球に
戻らなくてはいけませんね。

投稿: takuaki | 2007年10月13日 (土) 05時53分

>海獣の死骸は私有することが許されていない
色々調査されるのでしょうけど、このように骨になっても一緒なのでしょうか?・・・・でしょうね~。
2枚目の写真に見られるようにやはりゴミ類は多いですね、中身が入っているように見えるのは汚れた水(海水)ですかねぇ。
3枚目の頭蓋骨の右脇にあるものはやはりこの海獣の骨なのでしょうか?海はやはり面白い!

投稿: 北割 | 2007年10月13日 (土) 06時52分

いつも元気なtakuakiさん、コメントありがとうございます。

写真でご覧になって分かると思いますが、本当にゴミばかりですね。それでもこの三河湾には結構スナメリは棲息しているようで、つい最近まではスナメリウォッチングの船も出ていたのです。

北割さん
骨になっても所持するには農林水産大臣に許可申請をしなければいけないと、国立科学博物館の先生から釘を刺されています。まだちょっと臭いので、持って帰ったら我が家の女性軍から大ひんしゅくだと思いますよ。

>海獣の骨なのでしょうか?

胸びれだそうです。
人間で言えば手ですから、細かい骨が組み合わさっているのでしょうね。

投稿: からっぽ親父 | 2007年10月13日 (土) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森の石松のお墓 | トップページ | チカメキントキ »