« 今年もハマシギの群れ | トップページ | 赤目四十八滝 »

2007年11月15日 (木)

アナゴかメジロか

Anago1 冬に季節風が吹いてくると、市場の魚はめっきり少なくなる。

今週はほとんど魚が見えないので、先週の土曜日の話。

「アナゴ 750円」と書いて、まだ口をパクパクさせている魚が売られていた、【タカス】さんの大将に「アナゴ?メジロ?」と聞くと、笑いながら「この辺で言うメジロ、正式にはアナゴ」と教えてくれた。「骨切りしてから調理した方が良いよ」Anago2 とも教えてくれたので、早速購入。帰ってから測定してみたら、大きいもので70cm以上、小さいもので60cmくらいある

さて、どのようにして食べてみようかと思ったのだが、1尾は骨切りして鍋に、もう2尾は団子にしてみようとやってみた。

骨切りするものも、団子にするものも、鰭は取り除いておいた。団子は皮を取りフードプロセッサーで小骨ごとミンチにしたが、弾力があるので結構時間がかかった。
Anago3 真っ白できれいなアナゴミンチが600グラム以上できた。

このミンチは、鍋に入れる前に200gに対して、塩小さじ半分、片栗粉大さじ1、を入れて攪拌た。塩を入れるととても粘着が増した。

Anago4 鍋にして食べたが、両方ともとても美味しかった。もちろん、ミンチも骨切りも小骨は全く気にならなかった。

食べきれなかったので、2番連続の鍋となってしまったが飽きなかった。

|

« 今年もハマシギの群れ | トップページ | 赤目四十八滝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年もハマシギの群れ | トップページ | 赤目四十八滝 »