« イシガレイ | トップページ | カラスミ »

2007年11月21日 (水)

アリ地獄

Arijigoku1 先日行った西尾市の【平原の滝】、その社の縁の下を見たら【アリ地獄】の巣穴が見えた。

アリ地獄はご存知のように、ウスバカゲロウ類の幼虫で、滑りやすいすり鉢状の巣穴の下で、アリなどの小さな昆虫が落ちてくるのを待ち伏せしている。

子供の頃、やはり近所の神社の縁の下で、捕まえてきたアリを投げ込んだり、アリ地獄を掘り出したりして遊んだ。
Arijigoku2 今回も掘り出すのは可哀想だとも思ったが、何十年目かの対面の誘惑に負けて1匹掘り出してしまった。

見事な顎であるが、寒いのか全然動かない。早々に元の巣穴に戻しておいた。

|

« イシガレイ | トップページ | カラスミ »

コメント

懐かしいですね。
高校生か大学生になった頃の大昔に神社の縁の下で見つけて(アリンコを落として)遊んだものでした。
ウスバカ、ゲロウという名前がかわいそうです。

投稿: beachmollusc | 2007年11月21日 (水) 18時39分

やはり当時の男の子の遊びは共通してますね。
棲息場所も神社の縁の下ですか。
ところで、ああいった屋根がないところでは
見かけたことがなかったのですが、単に観察眼が
なかったということでしょうか???

怪獣映画や、宇宙ものの映画などでは
必ず、アリ地獄をモデルにしたような生物が登場しますね。それだけ世界中で愛されているのかな?

投稿: からっぽ親父 | 2007年11月22日 (木) 13時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イシガレイ | トップページ | カラスミ »