« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

大晦日

大晦日の今日、寒波襲来で三河湾は白波が立っていました。

今年一年、ボケ親父の戯言におつきあいしてくださった皆様には、厚くお礼を申し上げます。元々、記憶力の著しい衰えのために、魚介類の味や、花の咲く時季を記録しておき、後に検索できることが目的で始めたものなのですが、当初の目的通り「去年の今頃は何を食べてたんだろうか?」とか、「あの花はいつ頃咲いていたんだろうか?」と自分で自分のブログを検索している始末です。

沢山コメントをいただいた方々、間違いを訂正してくださった方々、本当にありがとうございました。コメントをいただくことは、ブログ継続の力です。
始めるときに、一ヶ月に20日は新規記事を書き込みしたいと思っていましたが、ほぼその目標はクリアされています。(内容は別として)コメントを下さった皆様のお陰です、本当にありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年12月30日 (日)

クロバイ

Kurobai1 茶臼山近辺には【ヒサカキ】の木が多く、その枝先は仏壇に上げるのでこれを商売にしている方々も居ると聞いていた。事実歩いていると、ヒサカキの木が非常に多く、濃紫色の小さな実が沢山なっているのが見える。

しかし、何度か通っているうちにヒサカキに良く似てはいるが、どことなく雰囲気が違う、特に幹の感じが違う木があることに気が付いた。

Kurobai2 何度目かの徘徊の際に、小さな見晴らしの良い峠のような場所に出た。そこには、確かに今までヒサカキに良く似たと思われる木の幹の直径が40cm位ある大木があった。これくらいの大木になると、幼木と比べれば明らかに様相が違って、本当に同じ木かと疑われるような樹皮であった。
Kurobai3 こうなってくると、俄然木の種類に興味が出てきて、あるサイトで木の名前を聞いてみた。

すると、すぐに「ハイノキ科のクロバイ」ということが判明。黒いハイノキということだろうか。春には真っ白な花が枝先に咲くようだから楽しみにしていよう。

| | コメント (0)

2007年12月29日 (土)

西尾茶臼山近辺

Chausuyama1 少し前からここ【茶臼山】近辺で徘徊していることをお伝えしたが、そのいきさつについて少し報告をしたい。

11月19日に西尾市の【平原の滝】を初めて訪れたときに、滝の沢づたいに茶臼山という小さな山へ登る道があり、上ってみたことをお伝えした。

実はその帰り道に、本格的な山登り(どの辺が本格的かも分からないが)の格好Chausuyama2 をした方とすれ違ったら、声をかけてくれて「茶臼山の先へ行くと、・・・・・大昔の砦跡が・・・・・洞窟がいくつかあって・・・・」などと教えてくれた。元来お調子者の私は、その話を聞いて俄然興味を持って翌日も出かけてしまったのである。

すると、茶臼山の頂上でその方とばったり再会してしまった。

Yさんというその方は、日本Chausuyama3 百名山を目指している方で、何でもこの近辺の山は300メートル以下の山が4つ5つあるのだそうで、Yさんのように山歩きをされる方の練習場のようになっているのだとか。どおりで、あちこちに道しるべらしきテープやヒモがあるわけだ。

Yさんに教えてもらった、砦跡を目指そうとすると「一緒に廻ろうか」とのご提案、お年は確かに私よりかなり上だが、Yさんは日本百名山を目指す健脚家、私は単なるメタボ親父、やんわりとお断りしたのだが遠慮していると勘違いしたのか、山を案内してくれるとおっしゃる。
Chausuyama4 それから、延々と4時間上っては降り、降りては上るの連続、道なき道を無理矢理歩いたのである。もちろん砦跡や洞窟、など全てを案内してくれて、その一つ一つは後日写真を撮って、報告したいが、一番嬉しかったのは鼻水を垂らしながらも、Yさんについて歩き通すことができたこと。一日に全ての山を歩くことによって、山の方向や場所によって気の植生が違うことに気が付いたことなどである。

つまり、歩くのに少し自信がついたことと、この山々の自然に興味が持てたこと。これからもこの山からいろいろな報告ができれば嬉しい。

| | コメント (2)

2007年12月28日 (金)

赤しんまき

Aka1 【赤しんまき】だという。

アカシタビラメなのか、イヌノシタなのかよく分からないが、全長30cm以上はあり新鮮だったので購入してみた。300円だった。

以前も言ったように、このての魚の食べ方をあまりよく知らなかったのだが、最近は反省して味を見ることにしている。

Aka2 つぶらな瞳と、への字の口はいかが。。。

調理は例のごとく、両側の皮をズルッと剥ぎ、身だけにした。シマウシノシタと比較すると随分柔らかい身である。

食べてみても、柔らかいが味は良い。もちろん変な臭みもないので、上等。

Aka3

| | コメント (0)

2007年12月27日 (木)

メヒカリ

Mehikari1 今まで見たことのないような大きなメヒカリが300円で出ていたので購入。

これくらい大きいと刺身にしてみようかと思ったのだ。

鱗を取っていると、尾鰭の先端だけが黒いので【ツマグロアオメエソ】という魚だろうか?ちなみにメヒカリの正式な名前は【アオメエソ】、つまりメヒカリというのは俗称らしい。

ちょっとピンぼけで、光も悪いが大きさの比較にはなるだろう。
Mehikari2刺身にはしやすい魚だが、あまり大きいと小骨が気になるかもしれない。肋骨だけをすき取って、刺身にしてみた。味は今一といったところ、クラカケトラギスの刺身に似ている。

ところが我が家の娘たちは「美味い」と言う。この辺は好みが別れるところだが、決して美味しいとは言えないと思う、しつこいようだが。。。。。
ウルメイワシが一尾だけ入っていたので、塩漬けして酢に浸けた。
Mehikarisasimi   

Mehikari 残りは唐揚げにしてもらった。

| | コメント (6)

2007年12月26日 (水)

テイカカズラ

Yamazakura1 茶臼山付近を例によって徘徊していたら、一抱え以上もある大きなヤマザクラが立ち枯れていた。地面に近い部分は既にほとんどが朽ちて、樹皮だけになっている。

ところが、この木は倒れていない。

では、何故倒れなかったか良く周囲を持て見ると、ヤマザクラの幹には、かなり太くなったテイカカズラの蔓が無数に絡んでいて、周囲のヒサカキやヤブツバキなどにも絡み合って土台が朽ちても倒れないようになっていたのだ。

つまり、立ち枯れた原因はこのテイカカズラの巻き付きによることが大きいのではないだろうか。

Yamazakura2_2  テイカカズラはこの山では日陰部分にかなりたくさん見られる植物で、恐らくこの山でも最も多い植物の一つとも言える。通常、このように木の陰の暗い部分で地表を這っているのだが、ひとたび勢いをもつと、このように大木も倒してしまう。このメカニズムはどのようなものなのだろうか・・・・・。
Teikakazura1 地表を這っている時の葉と、幹に巻き付いて大きくなったときの葉では、変態をしたかのように違うのも面白い。

初夏になったらきれいな花を咲かせているだろうから見に行きたい、おっとまだ半年先か・・・・・。

Teikakazura2 (花の画像は昨年6月寸又峡にて)

| | コメント (0)

2007年12月25日 (火)

図鑑

Juhihandbook 【樹皮ハンドブック】は文一総合出版というところから出ています。樹木ってのは、前にも言いましたが、幼木と老成したものでは違うものが多いので、このハンドブックは助かります。まだ、種類が少ないので、もっと多くなると嬉しいですね。

木は、葉・花・実などの他にこの樹皮や、樹形ってのも同定の見分けになるようで、それらを総合したものが出てくれると有り難いのですが、分厚くなるでしょうからJumoku 持ち歩きは無理かも。

下の【樹木辞典】は種類が多くて写真も比較的きれいですが、【ネジキ】など樹皮が一番特徴的と思われる写真が少ないように思われます。

【木の名前がわかる辞典】ってのがありまして、私も持っているのですが、ピンぼけの写真を平気で載せているので論外と言っても良いでしょう。

鳥の図鑑は我々素人には平凡社から出ている【日本の野鳥590】が良いのではないでしょうかぁ~・・・写真もきれいだし、種類も多いし・・・。

Birdhandbook
鳥もハンドブックが出ていますが、私のような素人には難しそうですね。例えば、先日運転していたら、目の前にいたシギ、フロントガラス越しに撮ったのですが、タシギなのか何なのかさっぱり分かりません。

Shigi ところで、魚の図鑑は何かお奨めがありますか?皆さんぜひ教えて下さい。

| | コメント (4)

2007年12月24日 (月)

徘徊

Sanpo1 最近よく歩いているので、【徘徊】というカテゴリーを作ってみた。迷子になって家に帰れなくなったらどうしよぉ~・・・・・

昨日、仕事を早めに終えて西尾の茶臼山近辺に散歩に出かけた。前日からの雨が、やっとあがったばかりなので、枯れ葉が敷き詰められた山道では滑りやすいと思い、山の周囲の林道を歩いてみた。

Oobayasyabusi 道の左には【オオバヤシャブシ】が多く、右側の斜面には【リョウブ】の木が群生している。

この時季、落葉樹はほとんど葉が落ちているので、木の同定が難しい。そこで、『樹皮ハンドブック』なるものを購入。

これは我々素人には有り難いもので、158種の身近な木の幹を木の生長によって写真で示してくれてある。今後、木の種類を増やしていってくれると期待している。

| | コメント (2)

2007年12月22日 (土)

味の報告

画像がなくて申し訳ないが、【ガンゾウビラメ】の刺身はとても美味しかった。強いて言えば、多少身が柔らかく、身割れしやすいのだが味は一級品と言える。時季のものなのか、実は薄いので沢山の刺身は取れないが、価格は安いのでぜひ買っていって欲しい。煮付けももちろん美味しいが、あっさりしすぎているかもしれない。

【?】は一番大きいものを煮付けでいただいたが、身が良く締まり味も上の部類と言えよう。これだけ身が締まっていると、上手く小骨を取り去って鍋にしても良いかもしれない。冷凍庫にぶち込んであるので、暇なときにやってみよう。

Yoritohugu さて、この【ヨリトフグ】見た感じクタクタのヨレヨレ。毒はないというが、思ったより値段が良い。食いしん坊親父としては、一度挑戦してみなければいけないのだが、どうにも食指が動かない。

| | コメント (21)

2007年12月21日 (金)

伊勢名物

Kamiyomochi2 伊勢神宮へお詣りに行ったお客さんから、お土産をいただいた。

神宮前の土産物売り場などは、正月のかき入れ時を前に改装したり、休んだりしているところが多かったらしい。もちろん【赤福】はまだ店が閉まっているとのこと。その閉めてある店の前で記念写真を撮っている人々も多いという。

一連の偽装は確かにいけないことかもしれないが、売れ残った餅や餡を再加工して、違う商品にすることがそれほどの悪事なんだろうか?腐ってもおらず、酸化などの変質もしていなければ、捨てたり消却したりする方がよっぽどもったいなくて、悪いことではないだろうか。今から20年以上前、『赤福の売れ残った餅で、○屋のお○ぎり煎餅を作っている』と噂になっていたが、誰もそれを悪いことと捉えてはいなかった、むしろ『それは合理的』と称える声が多かった。

Kamiyomochi1 ところで、写真のお餅、【神代餅】という。ヨモギの香りがしっかり利いた、草餅。

餅は変な代用品ではなく、餡もとても美味しい。しかし、今までは赤福に押されてあまり売れなかったと思う。

今回このような事件があり、初めてこの神代餅を食べた方々も「もう一度買ってみようか」と思っている人が多いのではないだろうか。

| | コメント (2)

2007年12月20日 (木)

Hatena1 最近、時々まとめて出ている魚、ちょっと気になるので購入してみた。

実は今晩、友人が名古屋まで来るので出かけなければいけない。従って、全くの衝動買いである。

ところでこの魚、以前写したイシナギの幼魚に似ているがどうだろうか?
Hatena2イシナギだったら、幼魚じゃなくて稚魚クラスかな?

食べ方も決まっていないので、鱗を取り、鰓と内臓を取り去っておいた 。
ついでに顔のアップも、出しておきましょう。
Hatena3

| | コメント (0)

2007年12月18日 (火)

今朝

Ara1 【丸光】さんに、大きなアラが揚がっていた。アラは実に美味しい魚で、小さいものでも結構高いが、これはかなり大型で、値段も35,000円となっている。

もちろん、この価格には負けない価値があることは確かだが、私のような貧乏人には写真を撮らせて頂くだけで我慢しなければならない。

大きさがよく分からないといAra2 けないので、足を出して写してみた。

本日、私が購入したものは先日干物を作ったものと同じかどうかは分からないが、ガンゾウビラメの仲間。模様が一つなので【ガンゾウビラメ】で良いのだろうか?
Ganzoubirame2

小さいもの1尾を煮付け用に鱗を落とし、大きいもの2尾を例によって皮を剥ぎ、刺身用にしてみた。実は思ったより薄く、沢山は取れなかった。
Ganzoubirame1_2 こちらでは【バンコガレイ】と呼ばれているが、ヒラメの仲間である、そうそう【左ヒラメに右カレイ】(必ずしもそうじゃないらしいが・・・)

写真を撮ると言ったら、気を利かして値札をはずしてしまったが、600円だった。

| | コメント (2)

2007年12月15日 (土)

シマウシノシタの刺身

Simaushinoshita 先日の生きていたシマウシノシタを刺身にしてみた。両側の皮を剥いてから、5枚におろした。

右側の赤く見えるのは「エンガワ」実際には、こんなに赤くはない。

薄く切ったつもりだが、シコシコとすごい食感だった。身には味があり、もう少し癖があるかと思ったが、全く癖はなかった。

我が家の魚にはうるさい長女も「味がある」と言っていたから確かだろう。刺身としても美味しい部類に入れても良いのではないだろうか。
Goso1 ところで、昨日【ゴソ】つまり【ハシキンメ】が揚がっていた。かなり深海で獲れると言うことだから、この近くのものではないだろう。小さいものが1列500~800円、大きいものが1尾1500円だった。

以前、駿河湾産のものをいただいて刺身にしたが、確かに美味しかった。しかし、今回、皮を剥くのが面倒なので購入しなかった。

Goso2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

きょうは命日

Kezouji1 一色町から車で15分ほど走った吉良町に、【華蔵寺】(けぞうじ)というお寺がある。吉良家の菩提寺であり、きょうは吉良上野介義央(よしひさ)公の命日、すなわち赤穂浪士の討ち入りの日である。

義央公は地元では、今もって名君と慕われとても人気のある人である。もちろん、その地元に残した功績も大きく、遺されたものも多いので、300年以上が経っても彼の人柄を偲ばせるエピソードも多い。
Kezouji2 決して、イベントとして行われている法要ではないのだが200人以上の方々が僧侶の読経とともにお墓に手を合わせていた。

浅野内匠頭の刃傷から、この赤穂浪士の討ち入りまで、テレビや映画以外の知識は少なく意見を言うほどの知識も持ち合わせていないが、少なくとも「刃傷」以来浅野家側も吉良家側も大きな不幸に見舞われたことは確かで、「仮名手本忠臣蔵」以降、300年に渡って吉良町の人間を苦しめてきたことは確かである。
Kezouji3 歴史というものは、評価が非常に難しいものであるが、現在では少しずつ不当に評価された方々の復権が始まっているような気がする。

初めて法要を目の当たりにして、吉良町の方々のご努力に頭が下がる思いであった。

| | コメント (0)

2007年12月13日 (木)

年末年始

Calender 先日、市場仲間のHさんと話をしていて「正月用の魚をそろそろ確保しておかなければいけませんね」ということになった。

【正月用】といっても、正月のご馳走という意味ではなくて、カレンダーで見ても分かるように、元旦からほぼ一週間は市場は休み。
開市の日でも、天候が悪ければ船が出ないため、場合によっては半月以上新鮮な魚が食べられない年がある。

それで、通常は滅多にしないのだが、冷凍したり、干物にしたりして魚を保存しなければならないのだ。味が落ちるなんてことは言っていられない、スーパーなどで買う冷凍魚よりはずっとましなのだ。

この日は、チゴダラ、シマウシノシタ、大アナゴを購入。
チゴダラは鰓と一緒に内臓を抜き取っておいた。シマウシノシタは裏の鱗を落とし、表の皮を剥いておいた。生きていたので、やりにくかった。

Chigodara 大アナゴは例によって、皮を取ってからミンチにしておいた。我が家の、フードプロセッサーは大活躍。これは、BROWN マルチクイックプロフェッショナル MR5550 M CA。

Anago

| | コメント (0)

2007年12月12日 (水)

特大アンコウ

Ankou1 昨日、特大のアンコウが魚次さんに置いてあった。全長1m前後はあるだろうか?

価格は13000円となっていたが、口銭が出るのでこの価格では購入できない。

生きていて、水に入っていたので体表の海藻のようなものが沢山見えて、面白い。
Ankou2

| | コメント (3)

2007年12月11日 (火)

ガンゾウビラメの仲間

Karei1 この小さいカレイ、と思ったら、どうもこれはヒラメの仲間の【ガンゾウビラメ】の一種ではないだろうか?8月にいろいろな魚が混じったもので、ギンメダイなどと一緒に干物にしたことがあった。

一応、鱗を取らなければとガリガリやっていると、裏の無眼側にも結構鱗が付いていることが分かる。

何枚かやっているうちに、この魚たちは一種類ではなくKarei2 て違うものが数枚に一枚の割で混ざっていることが分かった。買うときは分からなかったが、並べてみれば一目瞭然、眼の付いている位置が反対である。これは、なんという魚かは不明。

頭を切って、内臓を出したが結構脊椎骨が堅いような気がする。(ガンゾウヒラメの仲間)

濃塩水に15分浸け、真水で洗ってから干したが、天気が良かったのできれいに干し上がった。

Karei3 焼いて食べると、鰭がカリカリと香ばしくて美味しい。残念ながら、脊椎骨までは食べられない。瀬戸内で食べる【デベラ】のようにしなければいけないのだろうか。

| | コメント (4)

2007年12月 8日 (土)

高橋カンパニー

Takahasi1 今朝の高橋カンパニーはテレビ出演の影響か、いやいや元々の人気であろう、大にぎわいであった。

このお客さんのほとんどが、高橋カンパニーのお魚を見ている方々。

やはり、新鮮で品揃えが良く、お値打ちの魚が多ければ自然と人は集まってくるようである。

また、「はいはいはい」の社長さんはセリの手が空けば、魚も捌いてくれるので大きな魚をおろすのが苦手な方は、お願いしてみると良い。もちろん社長さん、魚を下ろす手も止まらないが、口も止まらない。
Takahasi2 そして、調理方法が分からないものがあったら、お母さんに聞いてみれば、捌き方から調理の仕方まで、しっかり教えてくれるので、ぜひ聞いて見ると良い。

大きな魚や有名な魚が美味しいのではない、雑魚ほど味があるのだよ。
Takahasi3 「お母さん、これは干物かなぁ?」『そうそう、頭だけ取って、塩水に15分ほど浸けて水洗いして干せばいいよ』とのこと、またこの話は後日。

| | コメント (2)

2007年12月 7日 (金)

ハモ

Hamo1 先週の土曜日のこと、以前から一度やってみたかった【ハモ】のミンチを作ってみることにした。これを作るには、特に理由はないができるだけ大きなハモを使いたいと思っていた。

この日、価格的にはやや高いが、鮮度といい、大きさといい申し分ないようなハモが売られていたので購入した。

魚屋さんのご夫婦が「開いHamo2 て上げよう」と言ってくれたので、お願いすることにしたが、骨切りもしてくれる、という申し出は丁重にお断りした。ミンチにすると言ったらどのような反応があっただろうか。

ハモは持ち帰ってから、まな板に載るサイズに切り分け、皮を剥いだ。もちろん、小骨は取り除かずに、骨切りもしていない。

以前、アナゴのミンチを作っHamo3 たときと同様に、身に弾力があるのでフードプロセッサーも切りにくそうであったが、総量で550gのミンチができた。手で触れてみると砕かれた小骨の残骸が当たる。

550gのミンチに塩小さじ2砂糖小さじ6卵白1個分を入れて良く練った。

その後、筒状に伸ばし、ラップに包んでから形を円柱状にして、蒸し器で蒸した。

Hamo4 真っ白できれいな蒲鉾のようなものができあがった。食感は、腰もあり味も素晴らしい。小骨の残骸は、歯に当たるが、刺さるようなものはないので安心して飲み込める。

少量を丸め、団子状にして揚げてみたが、これも美味しかった。

| | コメント (2)

2007年12月 6日 (木)

紅葉

Kouyou1 低い山には低い山の意地ってものがあるのかどうかは知りませんが、自然というものは本当に美しいもので、散策中の林の中でも、足を止めて見とれてしまいます。

薄暗いこの林の中では、タカノツメの幼木が密生しているところが多く、黄色く変化した葉は蛍光色のように光って見えます。

ここは、私が時々遊びに来る西尾市と吉良町、音羽町Kouyou2 などにまたがる、300メートル以下の山々。

真っ赤に紅葉する木は、ハゼノキなどのごく一部ですが、コナラなども微妙にオレンジ色に変わり、紅葉を誇っているのかもしれません。

したから木を見上げていると、突如恐ろしいほどの木の葉が降ってくるのは、とても感動的です。

まあ、口の悪い人にいわせKouyou3 れば「枯れてるだけとちゃうの?」ってことになるかもしれませんが・・・・・

| | コメント (2)

2007年12月 3日 (月)

ウォーキング

Walking1 このところ、メタボ解消のために少しでも歩こうとしているのだが、山や海岸以外は正直な話、飽きてしまってさっぱりいけない。

町中で信号にぶち当たって停まってしまうのも面白くない。

ウォーキングにも舞台が必要なのだ。

昨日は休日で仕方がないので、城跡の公園を目指し、その後川沿いにテクテク南下してみた。
Walking2 この辺は、城下町で結構いろいろな史跡があちこちにあって、このようにパネルで紹介してくれてある。ここは中島秋挙さんという方の句碑だそうで、天保10年(1835年)に建てられた、と書いてある。地図で分かるように、ここは川の縁、その昔は「渡し」があったのかな?
Walking3 適当に切り上げて、万歩計を見てみたら8480歩だった。最近の万歩計はとても良くできていて、10歩以上歩いたものでないとカウントしないとか、しっかり歩きの歩数をカウントしてくれるとか、カロリーの計算もしてくれるとか、いろいろ機能満載なのだが、一番良いのはそれらを一週間記憶してくれているということだ。ついつい、記録を見て、「きょうも頑張ろう」という気持ちになるのは確かである。
Walking4 しっかり歩きとは、脂肪を効果的に燃焼できる歩き方で、1.毎分60歩以上2.連続して10分以上歩かなければならない。つまり、9分で休憩してしまうと、トータル歩数はカウントしても、しっかり歩きはカウントしないことになる。

私は平地を歩く場合、1分間に118~120歩歩いていることが分かっているが、この日は112歩しか歩いていない。

Walking5 その理由は、1時間ほど歩いたときに左足のかかとが痛くなってきたこと。「まめができたかな?」と思ったのだが、履き慣れた靴であるし、おかしいな?と思ったが、やはり大きなマメであった。

これは歩き方がおかしかったのか、靴のはき方が悪かったのか、いずれにしてもマジメに歩いてなかったということだろう・・・・・

| | コメント (2)

2007年12月 1日 (土)

メイタガレイ2

Meitahimono 皆様にご心配をおかけしましたが、今日の天気が良かったので、干物は無事できあがりました。

まだ試食はしてないので、干物に関してはコメントはありませんが、昨夜以前買って冷凍してあった小さいメイタガレイの唐揚げが夕食に出ていました。おまけに、先日買った、ヒラメも唐揚げにしてあったので、比較することになりました。

で、どちらが美味かったかと言えば、このメイタガレイですね。まあ、サイズが違って、ヒラメの方が大きいので、鰭の基部の骨がかみ切れなかったこともあるのですが、それを考慮しても、メイタガレイの方が美味しかったです。

我が家の場合、純粋に唐揚げと言うより、短時間ですが醤油+酒+味醂にショウガやニンニクを入れたものに浸けますので、【竜田揚げ】と言う方がよいかもしれません。これは、鰭がパリパリで本当に美味しい。あちこちに隠れファンがいます。

| | コメント (4)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »