« 紅葉 | トップページ | 高橋カンパニー »

2007年12月 7日 (金)

ハモ

Hamo1 先週の土曜日のこと、以前から一度やってみたかった【ハモ】のミンチを作ってみることにした。これを作るには、特に理由はないができるだけ大きなハモを使いたいと思っていた。

この日、価格的にはやや高いが、鮮度といい、大きさといい申し分ないようなハモが売られていたので購入した。

魚屋さんのご夫婦が「開いHamo2 て上げよう」と言ってくれたので、お願いすることにしたが、骨切りもしてくれる、という申し出は丁重にお断りした。ミンチにすると言ったらどのような反応があっただろうか。

ハモは持ち帰ってから、まな板に載るサイズに切り分け、皮を剥いだ。もちろん、小骨は取り除かずに、骨切りもしていない。

以前、アナゴのミンチを作っHamo3 たときと同様に、身に弾力があるのでフードプロセッサーも切りにくそうであったが、総量で550gのミンチができた。手で触れてみると砕かれた小骨の残骸が当たる。

550gのミンチに塩小さじ2砂糖小さじ6卵白1個分を入れて良く練った。

その後、筒状に伸ばし、ラップに包んでから形を円柱状にして、蒸し器で蒸した。

Hamo4 真っ白できれいな蒲鉾のようなものができあがった。食感は、腰もあり味も素晴らしい。小骨の残骸は、歯に当たるが、刺さるようなものはないので安心して飲み込める。

少量を丸め、団子状にして揚げてみたが、これも美味しかった。

|

« 紅葉 | トップページ | 高橋カンパニー »

コメント

鱧のミンチ、蒲鉾ですか。ある面では豪華ですね、仰るように魚屋さんに「ミンチにするよ」とか関西の人に言ったらどんな反応をするか見てみたいですね。
豊橋や小田原ではニコッとするかも・・・ネ!

投稿: 北割 | 2007年12月 7日 (金) 21時25分

もちろん、ハモのミンチは全国的にあります。
しかも関西方面に多いんですよ。

ここでは、時々いろいろな魚で実験してみますから、また見てくださいね。

投稿: からっぽ親父 | 2007年12月10日 (月) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉 | トップページ | 高橋カンパニー »