« 西尾茶臼山近辺 | トップページ | 大晦日 »

2007年12月30日 (日)

クロバイ

Kurobai1 茶臼山近辺には【ヒサカキ】の木が多く、その枝先は仏壇に上げるのでこれを商売にしている方々も居ると聞いていた。事実歩いていると、ヒサカキの木が非常に多く、濃紫色の小さな実が沢山なっているのが見える。

しかし、何度か通っているうちにヒサカキに良く似てはいるが、どことなく雰囲気が違う、特に幹の感じが違う木があることに気が付いた。

Kurobai2 何度目かの徘徊の際に、小さな見晴らしの良い峠のような場所に出た。そこには、確かに今までヒサカキに良く似たと思われる木の幹の直径が40cm位ある大木があった。これくらいの大木になると、幼木と比べれば明らかに様相が違って、本当に同じ木かと疑われるような樹皮であった。
Kurobai3 こうなってくると、俄然木の種類に興味が出てきて、あるサイトで木の名前を聞いてみた。

すると、すぐに「ハイノキ科のクロバイ」ということが判明。黒いハイノキということだろうか。春には真っ白な花が枝先に咲くようだから楽しみにしていよう。

|

« 西尾茶臼山近辺 | トップページ | 大晦日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西尾茶臼山近辺 | トップページ | 大晦日 »