« 恐い | トップページ | 雨水 »

2008年2月17日 (日)

マグロの中落ち

Maguro1 先日、【魚兼】さんでマグロの切り落としを買って食べたことを書いたが、今回は骨付きで同じく500円というものを買ってみた。切り落としのものよりも脂がのっていると言っていたがどうかな?

処理の仕方はスプーンですき取るようにすればよいと教えてくれたので、まな板の上でやってみる。テレビのグルメ番組で時々見かけるのはもっと大きな骨からだが、これでも充分に気分だけは味わうことができる。

Maguro2 すき取った身に、味醂と醤油をかけ、もみ海苔とアサツキをドッバッとのせて鉄火丼にした。

酒の肴は上記のものに胡麻油とラー油を入れてユッケ風にしてみた。とっても美味しかった。

|

« 恐い | トップページ | 雨水 »

コメント

剥き身、私も大好きです
もう手も加えないで、そのまま我が口に消えてしまいます・・・・、晩酌の友として。

投稿: 北割 | 2008年2月17日 (日) 21時02分

今日、豊浜と豊丘に行ったんですが
両漁港にも同じモノが売っていました。
豊浜のが500円で豊丘のが少し大きくて
700円でした。
ユッケ風美味いですよね~。ボクは黄身を
入れますよ。
これは買わずに、新巻鮭1500円を
初めて買いました。明日食べます

投稿: ゴウ | 2008年2月17日 (日) 22時45分

北割さん
マグロは本当に美味しいですね。
我々が子供の頃は、刺身といえばマグロしかありませんでした。それも、盆と正月、あとはお祭り以外は食べられませんでしたからね~。ホントに大ご馳走だったんですよ。
今はこんなに沢山食べられて、出世したものです?

ゴウさん
お料理が得意なんですね。
きれいに作ってあってとても素敵です。
マグロはどこにでもあるのですね。
今回感じたことですが、身だけのものは630gで500円でした。しかし、この骨付きのものは測定してないんです。
こんど、元の重量と可食部を測ってみなければいけませんね。

新巻鮭は頭が美味しいですよね。
塩抜きをして分解し、野菜と一緒に煮るとダシが良く出てしかも軟骨も美味いし。

投稿: からっぽ親父 | 2008年2月18日 (月) 14時12分

思い出すと昔は水っぽい刺身しか食べた事が無いような気がします。
刺身なんて結婚式や正月くらいなもので、それも冷凍物・・・。冷凍物と言っても今の技術ではありませんので汁が出てベチャベチャだったような・・・。

投稿: 北割 | 2008年2月18日 (月) 21時58分

実家が新潟で比較的海に近かったんですが、マグロの刺身は子供の頃には食べた記憶がないですね。昔ですから冷蔵庫の性能が悪かったのか、保存の利くものばかり。ほとんど年中サバの味噌漬けで、冬はしょっぱい荒巻鮭のみでした。それも今では懐かしくて、たまに食べたくなりますが。

投稿: 越後屋久三郎 | 2008年2月19日 (火) 11時22分

やはり子供の頃食べたものが一番印象的なのかもしれませんね。

北割さんは信州駒ヶ根、年代は私と同じ50台、ご幼少のみぎりは太平洋、日本海どちらから魚が入ってきたのでしょうね。

越後屋さんは新潟でしたら確かにカツオやマグロの類はあまりなかったかもしれませんね。鮭は遡上する川があったのでしょうし、海でも結構獲れたでしょうが、今のように生で食べるという習慣がなかったのかもしれません。寄生虫の怖さを知っていたのかも。

私は遠州掛川、焼津が近かったので刺身はマグロやカツオが入ってきていました。スルメイカが時々かな?それでも鮮度は悪かったですね。お袋はそんな中、親父の酒の肴では真面目にやってました。イワシの手開きの刺身とかカツオの雌節の皮付き刺身とか見た覚えがあります。

通常は越後屋さんと同じ、鯖の味噌漬けや味醂漬け、サンマの干物などでした。そういえばサンマの脊椎骨なんかも火鉢などでカリカリに焼いて食べていたんですよね~。

投稿: からっぽ親父 | 2008年2月19日 (火) 16時49分

生ものは日本海・太平洋側どちらからなんだろう?
伊那谷は区別が無いような気がします、松本市を中心とする中信は鰤街道と呼ばれてますので日本海側と思われます、富山で獲れたブリが飛騨高山から野麦峠越えで松本へ入り年取り魚となったようです。その経路で伊那谷も年取り魚は鰤が使われているのかもしれませんね。

投稿: 北割 | 2008年2月19日 (火) 23時02分

日本には地域によって喜ばれる魚が違い、文化を形成しているように思えますね。
「鮭」「鰤」「鰹」なんてのはその代表なんでしょうが、小さなものなら他にもあるかもしれません。

私の育った遠州は全く鰤という魚は入ってきませんでした。おそらく高校生の頃まで食べたことがなかったと思います。

以前お話ししたように、信州へは太平洋側からも塩の道があり、いまよりずっと行き来があったのではないでしょうか。
「早太郎伝説」なんてのも今の道路や鉄道で考えると非常に不便に感じますが、その当時は幹線道路だったのかもしれませんね。

投稿: からっぽ親父 | 2008年2月20日 (水) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恐い | トップページ | 雨水 »