« 三ヶ根山 | トップページ | 我が家もマトウダイ »

2008年2月25日 (月)

どぶろく祭り

Doburoku1昨日、久しぶりに【どぶろく祭り】へ行ってきました。場所は大府市長草天神社。故事謂われなどは大変無精で申し訳ありませんが、そのまま長草天神社で検索していただければ沢山出てきます。

祭りが開催されるのは、毎年2月の25日直前の日曜日ということで、今年は昨日2月25日でした。
Doburoku2 猩々(しょうじょう)と呼ばれる真っ赤な大男が町内を練り歩いていました。猩々は2匹いや2人いるようでしたね。持っている棒で頭を触ってもらうと「徳」を授けてもらえるとか、ボケ防止にやってもらえば良かったです。

Doburoku4_2 祭り自体は午前中から行われているのですが、どぶろくが一般に振る舞われるのは12時からです。以前は盃を貸してくれたのですが、衛生的な見地からそれを止め、1個200円でこの梅花盃を購入することになったようです。記念になるので大賛成です。
Doburoku8 看板には「お車を運転の方御神酒(どぶろく)は飲めません」と書いてありますが、当然のこと、私は娘が送り迎えをしてくれましたよ。
Doburoku5 これまた当然ですが、子供も飲むことはできません。どぶろくを注いでくれる人と話ながらお代わりをするお爺さんもみかけました。
Doburoku6 盃を購入する際に、車を運転して来たのではないという申告をすると、飲酒運転撲滅のステッカーをくれるので、それを目立つところに貼っていないとどぶろくをいただけないそうです。
Doburoku3 今年のどぶろくは17.3度日本酒度-8.0甘口と書いてありましたが、飲んでみると、あまり甘くは感じませんでした。濃厚で、一度に飲んでしまうのが惜しいくらいの美味しい酒でしたね。中には何度もお代わりをして、猩々のような真っ赤な顔をした方もいましたが、私は三杯いただきました。
Doburoku7 救急車で運ばれる人の胸にもステッカーが貼ってありましたが、この辺で倒れるとそうでなくても飲み過ぎじゃないの~?と疑われてしまうので、気を付けなければいけませんね。

ではまた来年。

|

« 三ヶ根山 | トップページ | 我が家もマトウダイ »

コメント

どぶろく祭りとは実にストレートな表現ですね~
のんべ~の私としてはスリスリしてしまいそうです。
先日、隣町の酒造店が作った「しぼりたて」を飲んだのですが、やはりこんな感じでした、飲んで暫らくすると腹の中で醗酵しているような気分でしたよ。
救急車に乗る気持ちなんとなく判ります。

投稿: 北割 | 2008年2月25日 (月) 21時57分

申し訳ありません。
度数を13.7と書いてしまいましたが、正しくは17.3度でした。日本酒としてはかなり強い、原酒に近いと思いますね。

救急車に乗った方は酔っぱらいかどうかはわかりませ~ん。もしかしたら交通事故だったかもしれません。

投稿: からっぽ親父 | 2008年2月26日 (火) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三ヶ根山 | トップページ | 我が家もマトウダイ »