« 毒ギョーザ事件 | トップページ | 三ヶ根山 »

2008年2月22日 (金)

ワカメのシーズン

Tsukudani 高橋カンパニーの前を通りかかったら「髪の毛の薄い人はワカメを買っていってね」と社長が言っていた。そう言えば最近生わかめが沢山出ている。昨年は茎ワカメで佃煮を作ったんだ、と思いつつ段ボール箱の中を覗いたら、【メカブ佃煮100円】と書いてあったので購入した。

時々こういった佃煮類がでていることがあるが、これはどこで作られているのだろうか?ご存知の方は教えてほしい。

帰ってきて朝食の時にいただいたが、甘口でねっとりとしていてこれはこれで良い。私が作ればもっと塩辛くなってしまうに違いない。
Himono 晩酌は、先日の干物を焼いてもらった。メゴチとメヒカリは骨まで食べられるが、同じ大きさでもヒメジの骨は強力なので、気を付けて食べた。スミクイウオは結構脂がのっていて美味しい。

この写真にはないが、ミシマオコゼの干物は皮と身の間がゼラチン質で美味しかった。皮はやはり熱をかけると細かい鱗がびっしり浮き上がってくるので、鍋や煮魚にするときは要注意だ。

|

« 毒ギョーザ事件 | トップページ | 三ヶ根山 »

コメント

新ワカメのシーズンですね。ボクもメカブが
大好きです。だいたい300~500円で
ワカメ茎もしくはメカブが買えますね。
メカブの佃煮は、、、柔らかいので
作るのが難しそう!

投稿: ゴウ | 2008年2月22日 (金) 22時38分

ゴウさんおはようございます。
今のワカメは本当に美味しいですね。

確かに雌株の佃煮は煮くずれてしまいそうで
難しそうですね。味はしっかりのっていましたよ。
さ~て、きょうは船が出たかな。見に行ってきます。

投稿: からっぽ親父 | 2008年2月23日 (土) 04時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毒ギョーザ事件 | トップページ | 三ヶ根山 »