« 合格報告 | トップページ | 香嵐渓のカタクリ »

2008年3月30日 (日)

春の徘徊

Yabutubaki 久しぶりに、西尾茶臼山近辺を徘徊してきた。

山の木々は新芽を覗かせているものもあれば、まだ固いままのものもある。常緑樹のヤブツバキは、どことなく冬の花のイメージだが花はいまが真っ盛り、樹間にヒョロヒョロと生えて花を付けているのは数メートル上なので観賞するのはポトリと落ちた花だけ。

登山道脇の沢にも沢山落ちて流れてゆく。
Yabutubaki2 クロバイの花はどうかと思ったが、これは5月頃咲くときいたので、まだまだ気配は全くない。
Kurobai クロバイの木近く、日当たりの良い場所では、ミツバツツジの仲間だろうか、きれいな蕾を見せてくれている。2~3日うちには咲いているだろう。
Tutuji
Hisakaki 一方、ヒサカキの小さな花はそろそろ盛りを過ぎて、色が変り始めている。ヒサカキは、榊に非ずということで【非榊】という説と、小さい榊ということで【姫榊】という説があるらしいが、下向きに咲く可憐な花を見ると【姫榊】に一票入れたくなる。

新芽の出かかったコアジサイの小さな枝にシャクトリムシのような虫がぶら下がっていた。
Yamaajisai

|

« 合格報告 | トップページ | 香嵐渓のカタクリ »

コメント

春ですねぇ~。

投稿: 凡・ハヤト | 2008年3月31日 (月) 05時15分

春です。

投稿: からっぽ親父 | 2008年3月31日 (月) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合格報告 | トップページ | 香嵐渓のカタクリ »