« メカブ | トップページ | イカの塩辛 »

2008年3月 1日 (土)

見せしめ

Kawau1 カワウが二羽、ぶら下がっていた。正しくはぶら下げられていた。

すぐに誰が何の目的でやったことかが推察できたので、とりあえず写真撮影だけしておこうと車を降りた。

Kawau2 ここは一色町のいわゆる新田と言われる干拓地、外堤防との間に【うけ所】と呼ばれる水を調整する場所があり、昔は干満の差を利用して水を出し入れしていたらしい。

ここはまた、個人の権利がありボラなどの粗放的な養殖が行われ、その昔は正月前に出荷されていたという。現在でも個人の権利は生きているようだし、以前ほどの価値はないがやはり粗放的なボラの養殖が行われている。

そのため近年異常増殖したとも言えるカワウが、ボラの稚魚を食い尽くしてしまっているため、この【うけ所】を管理しているYさんがカワウを撃ち殺し「ここに来ると危険だ」と見せしめのためにぶら下げたのだろう。

カワウの被害は琵琶湖の話が有名で、カワウが1日500グラム以上の魚を食べ、琵琶湖には4万羽位のカワウが棲息しているから、かけ算をしていくと・・・・・・莫大な魚がカワウに食べられていることが分かる。

カワウは狩猟を許可される鳥獣ではなかったのだが、昨年から許可されたようだ。しかし、カワウが美味しいと聞いたこともないし、どうやらハンターが気まぐれに撃ってくれて間引きしようとするのが狙いらしい。カモやキジが獲れなかったからといって憂さ晴らしで撃たれるカワウもお気の毒なことである。

ところで、この見せしめが効果あったかどうかYさん(もちろん狩猟免許を持っている)に聞きに行ったら「平気でぶら下げた死骸の下で潜っているぜ」とのことだった。

|

« メカブ | トップページ | イカの塩辛 »

コメント

子供の頃、稲を食べにくる鳥を追い払うために田んぼにカラスをぶら下げている風景をよく見ました。鳥に効果があったかわかりませんが、少なくとも私たち子供は気味悪がって近づきませんでした。

投稿: 越後屋久三郎 | 2008年3月 2日 (日) 10時17分

そういえば、こういった場面では「カラス」が一番使われていましたね。見せしめという場面もありましたが、小鳥を寄せ付けない効果があったのでしょうか?

カラスって強いですからね、オオタカなんかには攻撃していきますね。他の鳥の卵や雛を盗むし。
一回、目の前でケリの雛を持っていきましたよ。

鳥仲間じゃ嫌われ者だろうなぁ~。

投稿: からっぽ親父 | 2008年3月 3日 (月) 05時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メカブ | トップページ | イカの塩辛 »