« ごまラー油 | トップページ | ナガニシ »

2008年3月13日 (木)

捕鯨問題

http://fnn.fujitv.co.jp/headlines/CONN00128755.html

この問題は根が深く、というか掘っていくとどんどん斜めにしか進んでいかないし、長くなるので触れないつもりだったが、あまりの日本人の勘違いに一言言っておきたい。

上記リンク中、シーシェパードの船長は人間を傷つけたことはないと言い、木村太郎氏は日本人を傷つけたと言う。

日本人はオーストラリア人が現在でも駆除目的でカンガルーやディンゴを殺し、アボリジニーを迫害している、これは鯨と比較して許されるのかと問う。

この辺の所から、日本人は気が付かなければいけなかったのである。
全ての白人ではないだろうが、少なくともシーシェパードの奴ら、いや皆様は白人以外は人間とは思っていないのである。つまり、1.に白人があり、2.に鯨・・・・・・・・・・ずーーーっと後に有色人種やその他の動物の順番があるから。
【シーシェパードの船長は人間(白人)を傷つけていない】と言うし【人間である白人が有害生物や有色人種を殺して何が悪い】と言う考え方であろう。つまりこの辺の、人種差別を遙かに超えた『区別』ともいうべき感覚を理解しなければ、いつまで経っても上滑りをした不毛の議論の繰り返しとなるのである。

試しにシーシェパードの連中を並べておいて「あなた達は日本人を人間としては見ていませんね?」と聞いてみれば、10人に一人か二人は何の躊躇もなく大きくうなずくと思うし、その他の人間も否定はしないだろう。そんな船に日本人も乗っているっていうんだから大笑い。その日本人は同じ仲間だと思っているかもしれないが、白人の皆様は毛色の違ったペットがいるくらいしか感じていないはずだ。

長い年月が経過したときに、地球は食糧不足という危機に見舞われる。それは単に人口が増える、地球が砂漠化して穀物が採れなくなるというだけではなく、鯨が増えすぎて小魚が少なくなり、それを補食する大型の魚も少なくなる、ということがくるかもしれない。そうなったら【駆除】という名目で白人たちは鯨を狩るに違いない。金持ちが狩った鯨の前で記念写真を撮り祝杯を挙げる。

日本人は少なくともこの辺の所は理解していないと、彼らの行動が不可解でしょうがないだろう。

|

« ごまラー油 | トップページ | ナガニシ »

コメント

戦後大阪城には、日本人と犬は立ち入り禁止という看板があったそうです。進駐軍が建てたものです。

投稿: こびんす | 2008年3月13日 (木) 21時07分

シーシェパードの船長の言葉
「酢酸くらいで済んで居るのだからまだ良いと思え、アフリカでは密猟は殺されている」
日本が行っている捕鯨は密漁か?
私の知識不足のせいなのかこのグループの言っている事が解らない、鯨が駄目なら牛、豚、羊も駄目だろう?なんとも腹が立って仕方がありません。

投稿: 北割 | 2008年3月13日 (木) 21時36分

こびんすさん、その看板の由来はもう少し古く明治初期にさかのぼると思います。その頃の外人居留地の入り口に立てられていたそうです。最近では、中国や韓国でも「排日」の象徴としてあったらしいですね。いずれにしても、民度の低いことで・・・・・

投稿: からっぽ親父 | 2008年3月14日 (金) 07時27分

全ては日本人を人間と見ていないことで、辻褄は合います。
牛とか豚と比較してはいけません、牛や豚は食べられるために飼育されているからです。では同じ野生生物との比較ではどうか?

すると「鯨は頭が良いから」と言い出します。では頭がよいか悪いかを誰が決めるのか?

人間って生物は、植物にしろ動物にしろ他の生命を食べて生きていくしかない、とても罪深い生き物なんですよね。

少なくとも日本にはゲームハンティングなんてやる習慣はなかったはずですしね。

まあこのことについてはもう少し考えがまとまったら書きますね。

投稿: からっぽ親父 | 2008年3月14日 (金) 07時35分

日本の伝統捕鯨の著書を出していることで有名なC.W. NicolさんがJapan Timesに掲載された論説で、「調査捕鯨」で親子クジラを捕殺していることで、日本の調査捕鯨を支持しないと宣言しました。また、以前、ザトウクジラを調査捕殺対象にしたことについて批判していました。私もこれに同感です。日本の漁業、水産庁が昔の体質のままで、世界の共有資源の独り占めを目指す時代ではありません。水産庁は基本戦略を間違えています。皆さんの論調は太平洋戦争に突入した頃の日本人のメンタリティと重なって見えます。

狂人集団シーシェパードのやっていることはパフォーマンスであり、クジラを守ることとは全く無関係です。これは水産庁が「調査」捕鯨と称してかたくなに擬似商業捕鯨を南氷洋で続けていることに対する世界的な反発が(資金的に)支えています。

投稿: beachmollusc | 2008年3月14日 (金) 08時22分

C.W.ニコルさんがどれほど有名な方か知りませんし、調査捕鯨いや捕鯨自体が今どうしても必要なものかも分かりませんが、シーシェパードの現在の行動について腹を立てているしその言動自体がまさしく日本人軽視(それ以下)だから言っているだけです。

太平洋戦争の頃の話まで出てくるとは思いませんでしたね~~~。

投稿: からっぽ親父 | 2008年3月14日 (金) 11時25分

http://ja.wikipedia.org/wiki/C%E3%83%BBW%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%AB
ニコルさんはイギリス出身で日本に帰化した作家です。

下のサイトは面白いので、見てやってください。
http://chikyu-to-umi.com/kkneko/gaiko.htm

投稿: beachmollusc | 2008年3月14日 (金) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごまラー油 | トップページ | ナガニシ »