« 啓蟄 | トップページ | 陽光 »

2008年3月 6日 (木)

今年もワカメの茎の佃煮

Wakame1 船が出ていないので何もないと思っていたら、高橋さんの所に「メカブ+茎たっぷり」があったので購入してきた。

昼休みにメカブを丁寧に切り離し、茎の佃煮を今年も作ってみた。

コンビニエンスストアで仕入れた【めんつゆ】これはダシが利いていて便利。それに醤油と味醂、砂糖などを適当に放り込んで自家製のタWakame2 カノツメも切って入れてみた。

アクを取り除いて味を見てみると、ちょっと塩辛いので砂糖をドバーッっと入れ、アルミホイルで落とし豚、もとい落とし蓋をしてストーブでコトコト煮込む。

Wakame3 で、出来上がったのがこれ。ちょっとピリ辛、いやピリピリ辛でなかなか美味。髪の毛生えてくるかなぁ~~~~~←春風に飛んでいる髪の毛ではありません。

|

« 啓蟄 | トップページ | 陽光 »

コメント

こんばんは
ところで
出来あがったのがこれとありますが
1枚目のがそうですか?
炊きはじめのかと思ってました。

投稿: おーちゃん | 2008年3月 6日 (木) 21時10分

また失敗してしまいました。
三枚目の画像をアップするのを忘れてました~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~おっと、髪の毛が。。。。。

投稿: からっぽ親父 | 2008年3月 6日 (木) 21時15分

申し訳ありません。
写真をアップしておきました。

タカノツメを三本使ったら、思ったより辛かったです。

投稿: からっぽ親父 | 2008年3月 7日 (金) 06時09分

辛いと言えば教えていただいたタレ昨年も中くらいの甕に作りましたが東京の姪が代ファンになりまして矢のような催促が来ています。
何に利用しても美味しいタレと思ってます。

投稿: 北割 | 2008年3月 7日 (金) 21時45分

こんばんは

あ!これですね!
とても美味しそうです(*^_^*)

投稿: おーちゃん | 2008年3月 7日 (金) 22時29分

bottleおはようございます。

しっかり煮たので、ねっとりと柔らかく、しかし味が浸みすぎて沢山は食べられません。保存性はよいようですよ。

北割さん、例の唐辛子はその後作っていませんが、数年前のものがまだ残っているので大事に使っています。米麹はすでに溶けてしまって、かなり熟成しています。味も、とても辛いのですがまろやかになったような気がします。

投稿: からっぽ親父 | 2008年3月 8日 (土) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 啓蟄 | トップページ | 陽光 »