« カイワリと寄生虫 | トップページ | リベンジ »

2008年4月20日 (日)

市之倉徘徊記

Sakura21_2 先週の日曜日、多治見市之倉【幸兵衛窯】の蔵出し市があるというので、昨年に引き続き行ってみた。開場は九時からなのだが、整理券を7時から配布するとのことで、6時に家を出たら7時前に着いてしまった。

朝早くからうろうろしていたにもかかわらず、幸兵衛窯のスタッフの皆さんは礼儀正しく挨拶を交わしてくれるし、気さくに声をかけてくれる。

当然、事務所二階の人間国宝【加藤卓男】さんの作品も「どうぞ見ていってください」と声をかけてくれるので、ゆっくり鑑賞してきた。何度見ても素晴らしい。

会場には七代目加藤幸兵衛さんやおそらく八代目になるだろう息子さんの加藤亮太郎さんも忙しそうに動いている。加藤卓男さんは六代目の当主であったが幸兵衛の名は襲名していないのだという。
Sakura3 設営の邪魔になってはいけないので、近所の市之倉川沿いに徘徊してみると、桜と菜の花が見事に満開の所があったので、しばし撮影タイム。しかし、菜の花といっても外来植物が勝手に繁茂しているだけなのだろう。ただ桜のピンクと菜の花の黄色の取り合わせは昔からのあこがれなので、あまり文句を言わないことにする。
Ookinkeigiku 外来植物といえば、ここの土手は「オオキンケイギク」の苗でいっぱいなので、季節にはさぞかし華やかになることだろう。

暫し歩くと、林の中にコバノミツバツツジが沢山咲いている。この辺も、このツツジが多いところだ。
そして、ヒョロヒョロと伸びたアカマツの幹の先端まで架けられたはしごは何なのだろうか?半鐘がないから火の見櫓じゃないし・・・・・
Hasigo
Koubegama 九時に近くなったので、会場まで戻り待機。

会場はそれ程広くないので、整理券毎に入場を制限するようだ。素晴らしい器が並んでいるが、財布の中身と相談して何点か購入して市之倉をあとにした。
Utsuwa 三彩風のミルクピッチャーが春らしい色でとても素敵。我が家では使うことがないのだが、人に差し上げても良いと毎年買ってしまう。今年は同じく三彩風のぐい飲み、今はこれがお気に入りだ。

|

« カイワリと寄生虫 | トップページ | リベンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カイワリと寄生虫 | トップページ | リベンジ »