« リベンジのやり直し | トップページ | 鰹 »

2008年4月29日 (火)

演技賞

Gisyou1 卵をのぞきに行ったら、ケリの親が偽傷行動を始めた。この偽傷行動も巣(卵)や雛の位置を知っておくと、観察がしやすい。逆に言えば、親の行動で巣や雛の位置がおおよそ推測できるのだが、例のごとくの保護色で近くに行っても発見するのは難しい。特に雛の場合は親の号令で動いているらしく、許可されるまでは「伏せ」をしていて全く動かない。こうなると下手に動くと踏みつぶしてしまうので、人間も遠慮しなければならない。
Gisyou2 この日は珍しい、2羽が同じ方向で偽傷を始めた。

あまり気の毒なので、時々その誘いに乗って少し追いかけると、サッと飛び立ってしまう。
Gisyou3 はいはい、ご苦労さん。

卵はまだ孵っていない。

|

« リベンジのやり直し | トップページ | 鰹 »

コメント

グエヘヘッ、キングボンビーちゃんよ。
無精者のおいちゃん所の畑にもケリの卵が
あるのねん。
無精者のおいちゃんも、写真撮ろうと待ち構えてるらしいっす。
ボンビー思うに、きっとケリに襲われて頭
突っつかれて泣いて帰ってくるのが関の山っす。run

投稿: キングボンビー | 2008年4月30日 (水) 11時31分

こらこら、採っちゃダメだよ。

きょう無精者のおっちゃんの田んぼにツルシギ数羽とエリマキシギが入ってたよ。きれいな模様だった、もちろん動いてた。

投稿: からっぽ親父 | 2008年4月30日 (水) 21時00分

けりの卵はふ化しましたか?

投稿: 越後屋久三郎 | 2008年5月10日 (土) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リベンジのやり直し | トップページ | 鰹 »