« ヒバリ孵化 | トップページ | アツミゲシ »

2008年5月17日 (土)

朝のミニオフ

Mehikari1 きょうは夕方、おなじ集合住宅内の気の合う仲間と飲みに行くので、生ものは買えないと思って、干物用のメヒカリを買ってきた。

おばちゃんたちにどうやって食べるか聞くと、干物、唐揚げ、天ぷら、などの答えが返ってくるが今日のメヒカリは新鮮で大きいので、刺身でも良いかもしれない。

しかし、私は塩味の干物が一番好き。上品な脂がのっていて、鰭や骨も柔らかいのでいくらでも食べられる。頭をとって、腹鰭といっしょに腹部を切り取り、腹腔の黒い膜をスプーンで削り・・・・・
Mehikari2 とほぼ下ごしらえが終わったら、何と【越後屋久三郎】さんが突然ご来訪下さった。

それではと、再び朝のミニオフ会で市場へ行くことになった。越後屋さんは既に幡豆の市場を回って来られたとか、喰うことにこれくらい執念を燃やす方は尊敬に値する。

あちこちの店でホラを吹いて、講釈をたれて【魚清】さんにたどり着いたので、越後屋さんを紹介すると、何とそこで【たまりや】さんを紹介していただいた。たまりやさんといえば、コンピューター関係の仕事をしながら、時々故郷一色町の魚介類を使用したレストランを開業されている方で、愛知県では有名人である。

今年は既に営業しているとお聞きしたので、ぜひ一度お邪魔したいとお願いして別れた。

きょうは越後屋さんといい、たまりやさんといいネット関連の方のお会いできて、とても嬉しい朝であった。おまけに天気がよいので、メヒカリも良く乾いた。

|

« ヒバリ孵化 | トップページ | アツミゲシ »

コメント

おはようございます。
昨日はお忙しいところ、お付き合いいただいて本当にありがとうございました。
私も、からっぽ親父さんとたまりやさんにお会いできて、一日中興奮していました。
メヒカリは教えていただいた方法で同じく干物を作ってみましたが、うまいことうまいこと。それとあのマゴチはお袋さんが握り寿司にしてくれました。時期がよかったのかこれまた、最高でした。

投稿: 越後屋久三郎 | 2008年5月18日 (日) 09時35分

越後屋さん、メヒカリは新しかったから刺身でも良かったかもしれません。三枚に卸して肋骨だけすいておけば、骨が柔らかいのであまり苦になりません。脂がのっていて美味しいです。

新鮮なものは目の光が違いますし、体がピンとしています。もちろん、鰓もきれいです。

また遊びに来てくださいね。

投稿: からっぽ親父 | 2008年5月18日 (日) 16時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒバリ孵化 | トップページ | アツミゲシ »