« 潮干狩り | トップページ | 気に入った »

2008年5月 6日 (火)

マテバシイは?

Yamatutuji 実家へ帰ったので、昨年の10月に移植した【マテバシイ】がどうなったか見に行ってきた。

ここは実家から数百メートル西にあるこんもりした丘で、一番上に栗が植えられ、下はご覧のように竹林となってタケノコが生えている。入り口はこの季節、ヤマツツジが迎えてくれるが、このヤマツツジは何十年もこの位置にあり、大きさも変らない。

100メートルくらい登って、南の斜面を探すと、あったあった
Matebasii 大きくはなっていないが、確実に根付いているようだ。3本植えたはずだが、2本しか見あたらない。1本は枯れてしまったのか・・・・・

周囲にはヤマフジなどの蔓性の植物もたくさんあるので、それらに負けなければ何十年後にここで大きなドングリをならせるのだろうか。

帰り道にザトウムシの仲間ががダンゴムシを襲って食べていた。
Zatoumusi

|

« 潮干狩り | トップページ | 気に入った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 潮干狩り | トップページ | 気に入った »