« ヒバリ | トップページ | マテバシイの報告は続きます »

2008年5月14日 (水)

万灯山

Mantouyama1 西尾市の東のはずれにある万灯山に登ってきた。

この辺はハイキングコースが作ってあり、標識もあちこちにあるので迷うことなく歩くことができる。

山と言っても150メートルくらいの小さなものなので、「野鳥の森」と称するコースを抜けると、アスファルト道に出、少し歩いて山道を登るとそこが頂上。

Mantouyama2

頂上には古塚のようなものが見えるが、全く説明はない。その辺をうろうろしていると、頂上の東側の林の中に五体の石仏が見えた。石仏の一つ一つに干し柿が供えてある。
Mantouyama3_2

例のよっしーてくてく会のプレートを探したが、見つからなかった、代わりにこんな石碑を頂上ではないが発見。叙勲記念だそうだ・・・・・帰ってきてネットで調べたがよく分からない。歌人だろうか?
Mantouyama6しかし、こういったものはご自分のお家へおいて欲しいものだ。

帰りに麓にあるお寺【長円寺】を訪ねる。

入ってみて初めて知ったのだが、このお寺は江戸時代初期の京都所司代 板倉勝重さんの菩提寺だそうだ。
Mantouyama4 本堂の左裏にある肖影堂横に板倉家のお墓がずらっと並んでいて、歴史を感じる。ここで手を合わせ、ゆっくり見せて頂くが勝重さんのお墓がどれかは分からない。ただ、古いお墓には【従五位下 伊賀の守】の官位が必ず記してある。
Mantouyama5 万灯山とは長円寺の山号だったのか。

|

« ヒバリ | トップページ | マテバシイの報告は続きます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒバリ | トップページ | マテバシイの報告は続きます »