« 続・小さなアカガイ | トップページ | 初夏の徘徊 »

2008年6月 6日 (金)

竜舌蘭の花芽

お客さんの所へ行ったら、巨大なアスパラガスのようなものが天に向かって伸びていた。そそり立っていた、と言っても良いくらいで、全く羨ましい・・・・・
Ryuuzetsuran1 これはリュウゼツランの花芽であることは歴然で、60年に一度とか100年に一度とか花を付けるといわれている。実際の所は何十年と決まってはいないらしいが、かなり成長しないと花は付けないようだ。

実はこのリュウゼツラン、溝の側に植えられていたのが、成長により自分の重さで溝に転がり落ちてしまったのである。一色の言葉で言うなら「へっくらかえった」と言うのだろうか。

そういうわけで、本体の生命維持が難しくなってきたので、急遽子孫を残すために花を付けることにしたのか、花芽を付けたためにへっくらかえったのかは不明である。

いずれにしても、このリュウゼツランの本体は100kg以上はあるだろう。

Ryuuzeturan2 花芽が出始めてから現在まで2週間くらいとのこと、開花がいつになるか分からないがまた機会があったら紹介したい。

|

« 続・小さなアカガイ | トップページ | 初夏の徘徊 »

コメント

2週間後を待っております
でも大きな蘭ですね~、アスパラと間違えました

投稿: 北割 | 2008年6月 6日 (金) 20時29分

誤解させる書き方だったですね、2週間で花が咲くのではなく、花芽が出始めてから2週間ということです。
本文の方も訂正しておきました。

投稿: からっぽ親父 | 2008年6月 7日 (土) 07時17分

私の方こそ早とちりでしたね、花芽や花の写真お待ちしてます。

投稿: 北割 | 2008年6月 7日 (土) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・小さなアカガイ | トップページ | 初夏の徘徊 »