« スイカのカラスよけ?2 | トップページ | しめ鰯 »

2008年6月29日 (日)

マツバガニ2

Matubagani3 以前見かけただけであきらめた、マツバガニをゲットした。前はこのヒラツメガニも多く、全部で2000円という値段だったが、きょうはマツバガニ1尾、ヒラツメガニ3尾、ウチワエビ1尾で700円だったので、迷いに迷ったが、この次にいつ出るか分からないので購入した。
Matubagani2 ご覧のように、カンザシゴカイの類やフジツボ、苔虫のようなものも付着しているので、しばらく脱皮していないことが推測できる。つまり、身が詰まっているかな?

きょう購入したものは全て生きていて、特にマツバガニは動きが鈍いながらも元気が良く、殻の汚れをタワシで落としていると、いつの間にかハサミを伸ばしてくるのでとても危険。

Matubagani4 ガスボンベのキャップを持たせたら大人しくなったが、いくら引っ張っても外すことが出来ない。仕方ないのでそのまま熱湯に入れてしまった。すると、元気が良いだけにほとんどの歩脚が外れてしまったので、茹でる前にお腹?に千枚通しを刺して弱らせてからの方が良かったかもしれない。

Matubagani5 予想どおり、歩脚にもびっしり身が詰まっていて、味があっさりしていると書いたところもあるが、比較的濃厚な味であった。殻の質と身質で一番近いのは「イシガニ」ではないだろうか。

とにかく、殻が固い、はんぱじゃないほど固いので、キッチンバサミは通用しない、汁が飛び散るのを覚悟で、金槌などで割るしかない。

ミソはあったが、苦かったので食べなかった。

とにかく初めて食べられてとても良かった。評価としては、700円程度なら話の種に、と言ったところか。

|

« スイカのカラスよけ?2 | トップページ | しめ鰯 »

コメント

マツバガニというと北陸のズワイガニの商標を連想しますが、これが正真正銘マツバガニなんですね〜。これまた珍魚というか珍蟹ですね。

投稿: 越後屋久三郎 | 2008年7月 2日 (水) 08時14分

越後屋さん、おはようございます。

こちらが本物のマツバガニ、オウギガニ科です。
オウギガニ科って恐いカニがいますので、一応ネットで食べられるかを確認してから食べましたよ。

イガグリガニより上がってくる確率は少ないようですね。

投稿: からっぽ親父 | 2008年7月 2日 (水) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スイカのカラスよけ?2 | トップページ | しめ鰯 »