« 竜舌蘭の花芽 | トップページ | 葦毛湿原 »

2008年6月 7日 (土)

初夏の徘徊

Chausuyama1 運動不足なので昼休みに西尾茶臼山近辺を徘徊してきた。

コアジサイの花も終わり、花も咲いていないだろうと思ったが、一応カメラだけは持っていった。

歩いていると、小バエや蚊が鼻先に集まってきて、6月だが五月蠅い、五月蠅い。休憩していると集団でやってくるので、おちおち休めやしない。おかげで、沢山歩いてしまった。
Teikakazura 実際のところ、木の花は咲いているのだが、いつものことながら咲いている花は梢の先、遙か上で見えるところは少ない。根本に落ちた花びらで開花したのを感じることが多い。

テイカカズラはもう終わりに近いのだろうが、所々で良い香りをさせてくれる。ネジキも花はこぼれているのだが、なかなか見ることができなかった。
やっと、小さな木にドウダンツツジのようについた白い花を発見。
Nejiki 今年は見られないかと思ったので、嬉しかった。

きょう一番良かったのはツルアリドオシの花を見ることができたこと。

これは秋に真っ赤なソヨゴの実が落ちているのかと勘違いしたもので、ツルアリドオシだと教えてもらった。
Turuaridoosi2 その時に、開花は6月だと教えてもらったのに、すっかり忘れていたのだ。

小さな花が二つずつ咲き、花の中に白い毛が生えているように見える。よく見るととてもきれいな花だ。
Turuaridoosi この二つの花が合体して一つの実になるそうだ。上の実もヘタのようなものが二つ見える。

|

« 竜舌蘭の花芽 | トップページ | 葦毛湿原 »

コメント

おはようございます。
ネジキ!
ツルアリドオシ!
白くて可憐な花、初めて見ました。
2つ並んで咲いて、後1つになるなんて、とても珍しいです。
写真もよく撮れてますね、
6月1日生まれはやっぱり写真上手、
間違いないですね~(*^_^*)

投稿: おーちゃん | 2008年6月 8日 (日) 10時03分

おーちゃん、こんばんは。

ツルアリドオシ自体は決して珍しいものではありません、恐らくそちらでも杉林の下などで見られるのではないでしょうか。
ただ時期的なものと、小さいので見落としてしまいがちなことなどで私も初めて見ました。
本当に可憐な花なので、ぜひ一度ご覧ください。

もし見られなかったら写真を送りますので、プロフィールページのアドレスにメールをください。

写真は・・・・・やはり・・・上達していませんが・・・・・

投稿: からっぽ親父 | 2008年6月 8日 (日) 21時31分

はい!よろしくお願いします(*^_^*)

投稿: おーちゃん | 2008年6月 9日 (月) 09時52分

すっかり忘れていたのですが、方法を考え出しました。

投稿: からっぽ親父 | 2008年6月10日 (火) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竜舌蘭の花芽 | トップページ | 葦毛湿原 »