« ノハカタカラクサ | トップページ | マツバガニ2 »

2008年6月28日 (土)

スイカのカラスよけ?2

Suika 先日、落花生がスイカの苗の上に、数個ぶら下げてあることを紹介したが、あちこちの方々にお聞きしても、「スイカのカラスよけであろう、」ということは推測してくれるのだが、それがどうしてカラスよけになるのかまでは、なかなか推測できないようだ。

ある農家のお母さんは、「カラスは地豆(落花生)が大好きだから、スイカを突かずに地豆を突く、ところが地豆は宙に浮いているので食べられないのでは」と考えてくれた。

こうなると何としても、この仕掛けを作った畑の主を捜して、本当のことを聞いてみなければいけない。何日か通ってみて、やっと逢うことができたので聞いてみた。

真相はこうだ。

1.糸がぶら下がっているとカラスは近寄らない。

2.糸はテグスでなくても白い糸でよい。

3.落花生でなくても良いが、縛りやすい。

4.他の鳥は入ってきても、カラスは近寄らない。

とのことである。いたずら好きなカラスは、スイカが青いときから突きにきて、スイカを台無しにしてしまう。「これをやっておくと、いいぜ」とのことである。スイカが何個かなっているが、確かに突かれた痕はない。

|

« ノハカタカラクサ | トップページ | マツバガニ2 »

コメント

へ~、こんな習性があるんですね~。
面白いし何か役に立ちそうです、隣りの畑の親父に教えてやろうかな?

投稿: 北割 | 2008年6月28日 (土) 21時15分

北割さん、おはようございます。

確かなことかは分かりませんが、かなり自信満々でしたよ。食べ物を置いて実験してみなければいけませんね~。

風で揺れた方がよいから、落花生なのかな?

投稿: からっぽ親父 | 2008年6月29日 (日) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノハカタカラクサ | トップページ | マツバガニ2 »