« 植物ハンドブック | トップページ | ユメカサゴ »

2008年7月29日 (火)

万燈祭

20081 不精者さんのおっしゃるとおり、万燈祭の一番良いところをアップしてなかったので、アルバムを探してみました。

あまり沢山ないのですが、これは2004新栄町のようですね。
20086 これは山車で騒いでいるのは広五ですが、万燈はどこでしょうか?
20082 これは2005広五のタコですね。広五お得意な生物シリーズですか?
20083 これは昨年の、同じく広五白蛇ですが・・・・・・
暗闇で見るとこうなります。
20084 実際には動きがあるので、写真撮影は結構難しいんですよ、フラッシュを焚けば風情がなくなるしね~。
20085

まあ、こんな写真も良いんじゃないでしょうか。

|

« 植物ハンドブック | トップページ | ユメカサゴ »

コメント

おぢちゃん、うぃ~すscissors

そりゃ、やっぱり万燈は闇夜に浮かぶ明かりですよ。
しかし、これだけ動きが有ると綺麗に撮るのが難しいです。

言われるとおり、フラッシュを焚けば風情なんて吹っ飛んじゃう。
F2.8くらいの明るいレンズがほしいですね。

シャッタースピードを稼ぐためにISOを上げても、シャッタースピードは知れてますからね。
では、また寄らせていただきヤス。

投稿: 無精者 | 2008年7月29日 (火) 15時49分

いっらっしゃいませ、きょうの某国営放送には腹が立ちましたね。

撮影の解説ありがとうございます。
私、全くそのようなことを考えずに、シャッターを押すだけなので上達しないんでしょうね。

投稿: からっぽ親父 | 2008年7月29日 (火) 21時21分

やはり灯りが入ったほうが風情がありますね
それにしてもお金が掛かっていそうですね、金も掛かるし人手も少ない為に止める所や規模の縮小もありますね。

投稿: 北割 | 2008年7月29日 (火) 22時05分

北割さん、おはようございます。
信州も暑いですか?

土台の木と、竹と和紙、タコ糸と糊、ロウと絵の具だけなので、そんなにお金はかかっていません。また作るのは町内の有志だけなので、ねぶたのようにプロが作るわけではありません。

まあ言ってみれば、かなりの人数の手間暇がかかっているということでしょうか。

投稿: からっぽ親父 | 2008年7月30日 (水) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 植物ハンドブック | トップページ | ユメカサゴ »