« 万燈祭 | トップページ | ゴーヤに非ず »

2008年7月30日 (水)

ユメカサゴ

Yumekasago1 値段を見られると、また不精者さんに叱られそうだが、ユメカサゴらしき魚が出ていた。7月24日のことだ。

仮にもカサゴの仲間で、この値段はないだろうと思ったのだが、味が良くないのだろうか?それとも小さいため安いのだろうか?

実はこの魚、鱗や内臓を除去して魚を食べたいという実家の両親にイカやカレイと一緒に送ってしまったのだ。これを言うと、また親に送るならもっと高いものを送れと叱られそうだ。
Yumekasago2
ところで、本当にユメカサゴで良いのだろうか?『夢笠子』とは素敵な名前だが、どのような由来があるのだろうか?味は?

この次は食べてみて報告をしよう。

|

« 万燈祭 | トップページ | ゴーヤに非ず »

コメント

おぢちゃん、またかいな。
頑固なまでに、人の言う事聞かん人や。

両親に送るのに300円?
「なぁ~にぃ~、やっちまったな!」
「男は黙って、車海老」
これで、財政も潤い、漁師も一色町民も幸せになる。

投稿: 無精者 | 2008年7月30日 (水) 21時23分

ユメカサゴで合ってますよ~
深い所に住む魚で,大型のものは脂が乗っていて
大変美味しいですし値段も張ります.

投稿: Za | 2008年7月31日 (木) 17時34分

Zaさん、お久しぶりです。
今は夏休みでこちらに帰っているのですか?

ユメカサゴ、とても可愛い名前と姿の魚ですね。
こちらでは時々揚がっているのですが、値段は安いですね~。こういった安い魚が大好きですが・・・・・今度ぜひ食べてみます。

投稿: からっぽ親父 | 2008年8月 1日 (金) 09時02分

不精者さん、前にも言いましたが
私、高価なものを食べると、体の調子がおかしくなってめまいがするのです。フラフラして、柱に頭をぶつけたりしないように、安い魚だけを買う事にしているんですよ。

ワンコイン、理想は500円玉でお釣りが来る事。しかも三日くらい食べられると最高ですね、漁師さんには悪いけど。

投稿: からっぽ親父 | 2008年8月 1日 (金) 09時05分

僕は現在修士課程の2回生ですので,
長期の帰省をする予定はないです.
でも,実家の半田には暇ができるとちょくちょく帰っており,その際には必ず一色市場に買い物に行きます.
志摩の魚はもちろん美味しいですが,たまには内湾の魚介類が恋しくなりますからね.

ユメカサゴは志摩地方では「のどくろ」,
尾鷲方面では「あかがし」と呼ばれるようです.

投稿: Za | 2008年8月 1日 (金) 09時16分

おぢちゃん。
お主は本当に悪よのぉ~。

投稿: 無精者 | 2008年8月 1日 (金) 10時37分

Zaさん、マスターですと今年が最後の年で、今は就職活動ですか?頑張ってください。

ユメカサゴは確かに、喉の部分に黒い膜のようなものが張っていますね。鰓を取るときに、ごしごしやっていたら、簡単に取る事ができました。

鰓蓋が黒いですが、これも内側の黒さが浮き出ているようです。これは取れませんでした。

志摩の魚も確かに美味しいですね、外洋のものが多いでしょうが、その地その地で美味しいものがあって、有り難いですね。私も時々浜島へ遊びに行くのですよ。

投稿: からっぽ親父 | 2008年8月 2日 (土) 08時21分

不精者さん、今朝は大枚500円を払って、お釣りが来ないような、高価なものを買ってきましたよ、えらいでしょ。

投稿: からっぽ親父 | 2008年8月 2日 (土) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万燈祭 | トップページ | ゴーヤに非ず »