« 竜舌蘭のその後 | トップページ | 小さい魚 »

2008年7月18日 (金)

まだ梅雨

Hasu まだ梅雨明け前なのに、今日の午前中は久しぶりの雨でした。

7時くらいからしとしと降り始めた雨は、昼前にはゴロゴロピカピカと、梅雨末期の雨を思わせる降り方だったのですが、今はもう太陽が出ています。

そういえば、明日は土用の入り、そして7月24日、8月5日は【土用丑の日】、産地偽装で大揺れに揺れた一色町でありますが、池の中で飼育されている数千トンのウナギは、全く偽装とは関係ないものです。

先日、『週刊ポスト』の記事を呼んでいたら、取材をしている方の趣旨が「一色町は養殖が寂れてしまって、一色ブランドのウナギは少ない、したがってほとんどが偽装ではないか」という書き方でしたが、それは浜名湖を初めとする静岡の話です。

ここ一色町では、最盛期より養殖業者は減少したものの、年間5~6000トンのウナギが生産されているのです。どの産業でもそうですが、携わる方全員が利益が上がるという商売はありません。長い年月の間には、淘汰されるのが当たり前、残った方々は健全な経営ができているのだと思います。全く、マスコミってのは本当にマスゴミ、いやいやクズですね。

というような話を、友人の養殖業者Yさんに聞きました。また21日には少し早いけど、開いた生ウナギをいただくことになりました。

|

« 竜舌蘭のその後 | トップページ | 小さい魚 »

コメント

常連の皆様、こんにちわ。
小生もその記事読みました。
「一色ブランドの鰻は少ない、したがってほとんどが偽装ではないか」という書き方・・・・小生はそういう風には読み取りませんでしたが。
確かに記事には儲けがカツカツで利益が無く、これから廃業続出と養鰻業の衰退の印象は受けましたけどね。
それよりも問題は、30半ばのTさんと言う奴、「流通が力を持ちすぎて、我々は本当に無力だよ。」と言う言葉。
流通が力を持っているから、価格が上がらない訳ではない。
価格はあくまで、需要と供給のバランスに起因するのであって、需要より供給が多ければ価格は下がる。
価格を決めるのは、消費者なのである。
シラスウナギの価格もそうなのである。
流通が価格を決めるのではない。
シラスが不漁で取れなければ、価格は上がる。
その価格で購入するか、しないかは、養鰻家が決めるのである。
これはあくまで自己責任で決めるのであって、
購入してから、価格をグズグズ言っても仕方が無い事。あくまで自己責任で決めたのだから。
この事がどうしても理解できない、養鰻業者のどうしようもないバカな所である。
そして養鰻業者はどうしようもない腐れ外道である。
自分達が購入するものは、安く買い叩き、
または、業者にタカる。
自分達が売る鰻は高く買え!
程度の悪いチンピラである。
ドチンピラは淘汰されても仕方が無い。
真面目に、コツコツ仕事をしている養鰻家だけ生き延びてくれれば良い。
また、そう云う養鰻家は応援しなければいけない。と、小生は思う。

投稿: 無精者 | 2008年7月18日 (金) 15時56分

記事を読んでないので何とも言えませんが・・・。
愛知県に住んでいるので、地元の特産物が日本一であると誇りに思えますね。
現在の一色ウナギがどういう状況か知りませんががんばって欲しいものです

ウナギは飼育するにも釣るにも難しいと思いますご存じ、完全な養殖はできない訳ですし、稚魚を採取するところからはじめるので(稚魚も輸入?)価格にも跳ね返ると思います。
ボクは天然を釣って食しているのでウナギの偽装は気になりません(笑

投稿: ゴウ | 2008年7月19日 (土) 00時49分

不精者さん、歯に衣着せぬ過激なご発言、ありがとうございます。業界人ではありませんが、同じ一色町に住む住人としての愛情ある発言と理解しました。

一色町はやはり、地場産業が潤ってこそ活気のある町が取り戻せると思います。それには、昔ながらの考えでは、前に進んでいかないということですね、私も同感です。

投稿: からっぽ親父 | 2008年7月19日 (土) 08時43分

ゴウさん、コメントありがとうございます。

実は何年か前、天然で捕れる鰻がかなりの割合でanguilla種(いわゆるヨーロッパウナギ)であったとの報道がありました。確か愛知県もその調査の中に入っていて、比率は違いましたが、多かったですよ。

他にも浜名湖や宍道湖でも多かったようです。

投稿: からっぽ親父 | 2008年7月19日 (土) 08時47分

無精者さん、からっぽ親父さん。おはようございます。
私の住む街でも同じことが言える様です。言っても無駄と半ばあきらめかけていたのですが、熱い思いに感銘を受け勇気を頂きました。

投稿: 越後屋久三郎 | 2008年7月19日 (土) 09時03分

なぜヨーロッパうなぎが取れたのでしょう。養殖場から逃げたのですか。

投稿: こびんす | 2008年7月19日 (土) 16時31分

専門家ではないので、ウナギ屋さんに聞いてみたところ、

各県でウナギなどの放流事業があるそうですね。
そこへanguilla種のクズを売りつけた人があったそうです。見た目では区別がつきませんから、早い話が完全にサギですね。

投稿: からっぽ親父 | 2008年7月21日 (月) 15時47分

からっぽ親父さんありがとうございます。
悪い人がいるものですね。

投稿: こびんす | 2008年7月21日 (月) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竜舌蘭のその後 | トップページ | 小さい魚 »