« 小鳥の救助 | トップページ | イノシシ »

2008年10月19日 (日)

秋の山歩きは

Kumo この辺は小さな山があちこちにあるので、昼休みや休日にハイキングするにはとても便利なところです。

しかしこの時季は虫たちにとっても最後の追い込みなので、冬に備えたり子孫を残したりで栄養補給しなければいけません。

歩いていると数メートルおきに顔にクモの巣がかかりますし、スズメバチにも二度ほど会いました。クモは恐くないですがスズメバチは恐いですね。

というわけで、なるべく林道などを通るようにしています。
この日はいつもの道ではない登山道を使って三ヶ根山に登りましたが、この道がつづら折りになっていなくて、ほぼ直線に登っているので、距離は短いですが結構きつかったです。
Neko 山頂には相変わらず猫の群れが住み着いていて、あちこちでのんびり寝そべっています。どうも定期的にエサを与えに来る人がいるようで、この日もおばさんたちが来てました。警戒はしていますが、パンを投げると食べてましたよ。
Nokongiku2  帰りはいつもの林道を帰ってきました。この日は穏やかな日だったのでアサギマダラが多数見られました。そう、全部で30ほど見ましたかね。ほとんどがマーキングしてなかったです。このチョウはは珍しいノコンギクで吸蜜しています。この辺の山では、ヒヨドリバナがあっても、一番多く吸蜜している花はアザミの仲間です。ノコンギクは初めて見ました。あとは最近咲き始めたセイタカアワダチソウにも留まってましたね。
Nokongiku_2 ノコンギクは咲いてしまうと紫が薄くなるので、蕾の写真を撮ってみました。

いつも思っているのですが、このように蕾の写真や、落ちてしまった花や花びらを写したり、美しいと思うのは日本人独特な感性なんでしょうか。

|

« 小鳥の救助 | トップページ | イノシシ »

コメント

いまの時期、くもの巣 多いですよね。山歩きのときは、透明のビニール傘を持ち歩くのが何かと便利ですよね。

投稿: 立つ人 | 2008年10月19日 (日) 18時23分

アサギマダラを見ると反応してしまいます
子供の頃から憧れの蝶で今でも追っかけまわすんですよ。
生態調査のマーキングも良いけど良い迷惑ですよねアサギマダラにとって。

投稿: 北割 | 2008年10月19日 (日) 19時31分

立つ人さん、本当にクモの巣が多いです。
まああちらさんも必死でしょうから仕方ないですが、か弱い私がクモの餌食にならないか心配ですよ。

北割さん、この時季アサギマダラもかなり羽根が傷んできていますし、吸蜜に必死で50mmでも結構近くまで寄ることが出来ます。

先週と今週は特に多いですね。

投稿: からっぽ親父 | 2008年10月19日 (日) 21時21分

ほいでよ、一番上の写真の年輪状のくもの巣が捕虫用やと思うんやけど、くもの移動用の横に無尽に走ってるあの太い糸、あれ結構強いでな。顔にくっついたら取れんでな~ 腹立つっちゅうねん!

投稿: 立つ人 | 2008年10月20日 (月) 19時58分

ホント、ホント
眼鏡がクモの巣だらけになります。
と言っても迷惑をかけているのはこちらなんですけどね。

投稿: からっぽ親父 | 2008年10月21日 (火) 04時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小鳥の救助 | トップページ | イノシシ »