« 秋の山歩きは | トップページ | 海王丸 »

2008年10月21日 (火)

イノシシ

Inoshishi 私が良く歩く三ヶ根山付近の山には猪が棲んでいます。

10月始めに、遠望峰山の林道を歩いていたら、60過ぎの夫婦が道路脇の枯れ草を袋に詰めていました。車で来ているので、沢山運べます。

腐葉土にするのですか?と聞いたら「そうです、沢山あってもったいないから」とのお返事でした。

確かにその通りで、広葉樹の枯れ葉が吹き溜まるように重なっています。少し離れたところでは、このようにイノシシが掘り返した跡もあります。

これは私、全く知らなかったのですが動物写真家 宮崎学さんの『かわりゆく環境 日本生き物レポート コンクリート壁のスズメ団地』のなかのイノシシのページを見て納得させられました。

Inosisi2 イノシシたちは枯れ葉がバクテリアで分解された、腐葉土を食物にしているミミズを食べに来ているのですね。(ちょっと長いですが)イノシシのお母さんは昔から枯れ葉の下にミミズが棲んでいる事を知っていました。そして、現代では舗装道路脇が一番枯れ葉が堆積してしかも掘り返しやすい所です。つまり、楽に移動できて効率よくミミズが食べられるところをイノシシのお母さんが子供達に伝えているのだと宮崎氏は言います。

つまり新人類ならぬ新動物が誕生しているのが自然界だとも言っています。しかし、生命の死により、有機物から無機物への変化、そしてまた吸収される輪廻は永久に変ることなく続いていくのでしょうね~。

|

« 秋の山歩きは | トップページ | 海王丸 »

コメント

新潟県長岡市の小学校で猪が大暴れして学校閉鎖になったというニュースが飛び込んできましたね。長岡市と言っても結構広いので、きっと栃尾の方の山間部かと思っていまいました。調べたら現場は山の中の小学校ではなくて、上越新幹線の長岡駅からすぐ近く。よくまああんなところに迷い込んだものです。

投稿: 越後屋久三郎 | 2008年10月21日 (火) 15時52分

昨年でしたか、掛川城にもイノシシが出現して大捕物になったそうです。

宮崎さんのおっしゃるとおり、山で過酷な環境でエサをあさるより、畑で芋掘りをした方が楽なんでしょうね。道路際でミミズ掘りを覚えたんだから、畑を荒らすのはもっと簡単なんでしょう。

あまり調子に乗ると「有害鳥獣」で猟期以外の時にも撃たれてしまいます~。

投稿: からっぽ親父 | 2008年10月21日 (火) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の山歩きは | トップページ | 海王丸 »